体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パタゴニアの大自然をめぐる「ビーグル水道ツアー」の3つの魅力とは

パタゴニアの大自然をめぐる「ビーグル水道ツアー」の3つの魅力とは

こんにちは。TABIPPO世界一周ゼミ生で、2017年6月1日より夫婦でハネムーン世界一周に出発している前田夫妻です。私たちの訪れた国も27を数える様になりました。旅も残すところ2ヶ月となり、現在は南米大陸のパタゴニア地方を周遊しています。

今回はパタゴニア地方の中でも世界最南端の都市として有名な、魅力溢れるアルゼンチンの都市ウシュアイアで参加した「ビーグル水道ツアー」について紹介します。

 

ウシュアイアとは

photo by tetsuto maeda

ウシュアイアとは南米大陸にあるアルゼンチンの都市で、雄大な自然を誇るパタゴニア地方の中でも「世界最南端の都市」として観光客が多く訪れるところです。南緯55度という高緯度に位置する都市で、年間を通して強風が吹き、夏でも平均気温は9度前後となっています。

私たちが訪れたのは11月中旬で、季節として夏にあたります。四六時中吹きあれる強風と夏とは思えないほどの気温で、セーターを来てジャンパーを着てもまだ寒い!という程でした。

photo by tetsuto maeda

アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスから約3000km。南極大陸まで約1000kmという、首都に行くよりも南極に行く方が近いという立地にもかかわらず、町はしっかりと観光地化されて宿や食事には困りません。

町にはたくさんのツアー会社があり、トレッキングやハイキングのできるフエゴ国立公園へ行くツアーなど、いくつかのツアーがあります。

その中でも私たちがオススメしたいのは、ウシュアイアに面する「ビーグル水道」と呼ばれる大西洋と太平洋を繋ぎ、チリとアルゼンチンの国境にもなっている水路で行われるツアーです。

 

ビーグル水道ツアーとは

photo by tetsuto maeda

ビーグル水道ツアーはいくつかの会社がツアーを組んでいます。今回私たちは、船に乗ってビーグル水道を進み、オタリアやペンギンを間近で見られるツアーに参加してきました。

1人約1500ペソ(約10,000円)と値段は張りますが、野生のペンギンやオタリアを間近で見られ、世界最南端のウシュアイアの大自然を肌で感じられるこのツアーの魅力を考えると、間違いなく参加をお勧めるツアーです。(※ツアー会社やシーズンによって金額は異なります。)

それでは、ビーグル水道ツアーの魅力を紹介していきます!

 

魅力1 大自然を肌で感じられる

photo by tetsuto maeda

今回私たちが参加したツアーは100人程は乗れるであろう中型の船でした。その船でビーグル水道を進んでいく中で見られる周囲の風景は息を呑むほど美しく、また、自然の雄大さをこの目で見ることができるもの。

ウシュアイアの町の背後にそびえる夏でも雪をかぶった高い山々や、深々と生い茂る木々の美しさにシャッターが止まりません。

 

photo by shutterstock

チリとアルゼンチン国境を隔てるのがこのビーグル水道なのですが、その両国の岸辺には、この地域特有の強風で木の形自体が斜めになってしまっている「フラッグツリー」と呼ばれる木を見ることができます。

ピンと張り付くような寒さに風を感じながら、澄みきった空気の中で見るその景色は、それだけで「世界の果てに来た」と思わせてくれるものでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

新卒を捨てて、地球一周の船旅に出た物語
余分な荷物を「船」に置き去りにして、南米をバックパッカー出来たワケとは?
ピースボートの恋愛事情を調査!船内LOVEって本当にあるの?
国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」で行く世界一周クルーズの特徴は?

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。