体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EGOIST 全国7大都市でクリスマスライブ同時開催

EGOIST 全国7大都市でクリスマスライブ同時開催

 EGOISTが、201年12月27日のベストアルバム『GREATEST HITS 2011-2017 “ALTER EGO”』リリースに先駆け、12月25日に全国7大都市の街頭ビジョンを使いクリスマスライブ【EGOIST christmas exhibition “Present for the *fam”】を同時開催した。

EGOIST クリスマスライブ写真(全5枚)

 EGOISTは、アニメ『ギルティクラウン』生まれの、ryo (supercell)がプロデュースを手掛けるアーティスト。当初はアニメに登場するヒロイン・楪いのりがボーカルを務めるユニットという物語内の存在だったが、アニメ放送終了後も作品を飛び出し、他アニメ作品の主題歌を手掛けるなど活躍の場を広げている。

 クリスマスライブは、ストリーミング配信もされ、街頭と配信視聴あわせて約7,000人がその歌声に酔いしれた。楪いのりが登場すると、各地に集まったファンから大きな歓声が上がる。1曲目はクリスマスらしく「Silent Night」をアカペラで歌唱。街ゆく人々も美しい歌声に思わず足を止める。MCを挟んだ後、「All Alone With You」「Departures~あなたにおくるアイの歌~」を2曲続けて歌唱した。最後はプロデューサーであるryo(supercell)とボーカルchellyの手書きのサインと「Merry Christmas」の文字が映し出され、15分間のchristmas exhibitionは大盛況のうちに幕を閉じた。街頭では思わず涙ぐむファンも見受けられ、忘れられないクリスマスプレゼントになったようだ。

 また、12月29日には、ベストアルバムの発売を記念したライブ【EGOIST Special gig “ALTER EGO”】を東京で開催。さらに【EGOIST sync*001 / Special gig “ALTER EGO”】として、名古屋、大阪でも東京と同時に同内容のライブを開催する。

◎リリース情報
ベストアルバム『GREATEST HITS 2011-2017 “ALTER EGO”』
<完全生産限定盤(CD+Blu-ray+EGOISTAG 2011-2017(オリジナルドッグタグ10個セット))>
9,500円(tax in.)
<初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)>
4,500円(tax in.)
<初回生産限定盤B(CD+DVD)>
4,000円(tax in.)
<通常盤(CD)>
3,000円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

EGOISTが初のベスト・アルバムを12月リリース、全曲リマスタリング
【ビルボード】LiSA、『ヒロアカ』EDでアニメチャート1位 EGOISTの動向にも注目
EGOIST東京初日レポ、「英雄 運命の詩」ではあの衣装も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。