体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【憧れシゴト図鑑】 映画『3月のライオン』、ドラマ『名刺ゲーム』ほか話題作の物語を組み立てる脚本家・渡部亮平さんインタビュー

【憧れシゴト図鑑】 映画『3月のライオン』、ドラマ『名刺ゲーム』ほか話題作の物語を組み立てる脚本家・渡部亮平さんインタビュー 脚本家 渡部亮平 インタビュー 3月のライオン セーラーゾンビ 東京センチメンタル 名刺ゲーム フロムエーしよ!!

映画『3月のライオン』、ドラマ『セーラーゾンビ』『東京センチメンタル』、最近ではWOWOWドラマ『名刺ゲーム』のエンドロールで名前を目にする脚本家の渡部亮平さん。作品の出来不出来を左右する重責を担う仕事ながら、数多くの人気作や話題作を手がけてきた彼は、デビューから7年、今ではオファーが絶えない。そんな渡部さんの成功への道のりとは――。

就活での失敗をバネに。TSUTAYAでバイトしながらシナリオスクールに通った日々

脚本家 渡部亮平 インタビュー 3月のライオン セーラーゾンビ 東京センチメンタル 名刺ゲーム フロムエーしよ!!

――脚本家としてデビューするまでの渡部さんは順風満帆というわけではなかった。それは挫折からの始まりともいえる。

「学生時代からイベントなどを企画し、人を楽しませることが好きでした。だから“ドラマを作りたい”という思いが強まって、就活ではテレビ局を片っ端から受けたんです。でも、それが全滅で…。諦めきれなくて、大学を1年間休学して滋賀から東京に引っ越し、アルバイトをしながらシナリオ講座の養成学校に通ったんです。その時のバイトはTSUTAYA(笑)。それまでは映画マニアというわけでもなかったので、いろいろな作品を知る勉強になるかなと思いました。実際、多くの映画やドラマを観る機会が増えてよかったです。

シナリオ講座では、脚本家であり小説家でもある小林弘利先生に教えてもらいました。講座に通い始めて半年ほど経って、大伴昌司賞という脚本コンクールで佳作に入選したんですが、そのころテレビ局のプロデューサーさんと知り合って。翌年にはその人が担当する『アザミ嬢のララバイ』というドラマの脚本を1話だけ書かせていただくことになりました」

――就活の失敗を新たな夢へと繋いだ渡部さん。その1年後にはプロデビューを果たしのだが、ここで新たな暗雲が立ちふさがる。しかしそれがまた持ち前の闘争心に火をつけた。

「その後も、様々なコンクールに応募しては賞をいただいて。そのなかでも特にこだわったのが、『フジテレビ ヤングシナリオ大賞』。大賞を取れなくても上位に食い込めば、チャンスが広がる賞なんです。これに自信作を応募したんですが、結果は1次敗退。悔しかったし、当時はかなり落ち込みましたね。それで、“だったらその脚本で、自分で映画を撮ろう”と。それまでの賞金を元手に、スタッフはTwitterで募ったら、武蔵野美術大学の学生さんたちが手伝ってくれました。そこで出来上がったのが、『かしこい狗は、吠えずに笑う』という作品です。脚本家 渡部亮平 インタビュー 3月のライオン セーラーゾンビ 東京センチメンタル 名刺ゲーム フロムエーしよ!!『ぴあフィルムフェスティバル』をはじめ、多くの映画賞を受賞。国内外のエンタメ関係者から高い評価を得ている。※TSUTAYA限定でレンタル中。

自主映画だったにもかかわらずいろんな人から反応をいただいて、特に犬童一心監督が“あれはいい映画”と拡散してくれて。それがきっかけで仕事の依頼もたくさんいただきましたし、何より、“ちゃんとした脚本を書けば、面白い作品に仕上がるんだ”という自信になりました。それまでは、プロデューサーの方と打ち合わせをしても、“これ、面白いの?”と聞かれて自信の無い返答しかできませんでしたが、映画を撮ってからは、“面白いです!”って、堂々と言えるようになりましたね」

『3月のライオン』では、原作を邪魔しないよう気を使って書きました

脚本家 渡部亮平 インタビュー 3月のライオン セーラーゾンビ 東京センチメンタル 名刺ゲーム フロムエーしよ!!映画『3月のライオン』。神木隆之介さん演じる高校生棋士が、さまざまな葛藤と周囲の人々とのふれあいのなかで成長していく物語。
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy