体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。

これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。

普通のインテリアじゃ満足できない、日々にもっと変化がほしいという方、ちょっと変わったキャビネットを部屋のアクセントとして加えてみるのはいかがでしょうか。

ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。

左から見ると赤
右から見ると青

これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。 これは外面に施された特殊な加工によるもの。見る角度によって絵が変わるカードを子供の頃に持っていたという人も少なくないと思いますが、要はあれと同じ仕組み。これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。 コンセプトは「物と人の相互作用をもたらす家具」だそうで、確かに置く場所や使い方によってまったく違う表情を見せてくれます。これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。 見た目はインパクト抜群ですが、中は至って普通の収納家具。これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。

はっきりいって、これを部屋に取り入れるには、かなりのインテリアセンスが必要になりそうです。誰にも負けない強い個性の持ち主は、ぜひColor Flowを取り入れた部屋を見せていただきたいところ!Licensed material used with permission by orijeen

関連記事リンク(外部サイト)

【ビーカーやフラスコが大人気】理系インテリアの発信源は、「清澄白河」だった
これはまさに、「本の虫」のためのインテリアだ。
音楽だってインテリア。FrancfrancのリリースしているCDが気になる

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy