体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西尾維新×中村光『十二大戦』舞台化決定 寝住役に北村諒

西尾維新×中村光『十二大戦』舞台化決定 寝住役に北村諒

 西尾維新著、中村光イラストによる小説『十二大戦』の舞台化決定がエイベックス・ピクチャーズ株式会社より2017年12月26日に発表された。

 『十二大戦』は、小説家・西尾維新と漫画家でイラストレーターの中村光初タッグ作品。2017年10月~12月にはテレビアニメがMBS他にて放送され、集英社のWEB漫画誌『少年ジャンプ+』では暁月あきら(『めだかボックス』『症年症女』共に原作は西尾維新)が描くコミカライズも連載中。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回の舞台化決定の発表では、メインキャストとティザービジュアル、一部スタッフ情報も解禁されている。

 脚本・演出は舞台『Club SLAZY』シリーズ等を手がける伊勢直弘が担当。音楽はアニメ版も手がけた椎名豪がそのまま担当する。

 出演者は、北村諒(寝住役)、滝川広大(失井役)、今村美歩(妬良役)、才川コージ(憂城役)、橋本祥平(断罪兄弟・兄役)、⾧谷川慎也(断罪兄弟・弟役)、横山真史(迂々真役)、原勇弥(必爺役)、竹内夢(砂粒役)、梅村結衣(庭取役)、伊阪達也(怒突役)、護あさな(異能肉役)、和泉宗兵(ドゥデキャプル役)と、実力派キャストが集結。

 ティザービジュアルで早くも寝住の姿をみせた北村涼は「西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、寝住を演じさせていただけること、とても嬉しく思います!」と今作に対しコメントを寄せている。

 そのほか、今発表と同時に舞台公式サイト(http://12taisen-stage.com/)がオープン。公式ツイッター(@12taisen_stage)も始動している。

 公演は新神戸オリエンタル劇場にて2018年5月4日~5月5日、東京はシアター1010にて2018年5月9日~5月13日の間予定している。チケットは一般指定席8000円(税込/全席指定)で、オフィシャルホームページにて12月26日より1次抽選先行がスタートする。

 『十二大戦』は、干支の名を宿す十二人の戦士たちの物語。参加者は“子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥”。『一つだけ叶えられる願い』を賭けたバトルロイヤルが展開される。なお、本作に登場した「十二人の戦士」と、十二星座の名を宿す「十二戦犯」との戦いを描く新編小説『十二大戦対十二大戦』(集英社刊)が発売中となっている。

(C)西尾維新・中村光/集英社(C)エイベックス・ピクチャーズ株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

ドラマ『賭ケグルイ』第1話場面写真到着! 高杉真宙の「人間椅子」も
ミュージカル『刀剣乱舞』の新作公演2018年春決定!
オカルト番組『緊急検証!』まさかの映画化決定 クラウドファンディングも実施

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。