体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外交の最前線で働く! 世界各国にある「日本大使館」の仕事とは?

「外交官」と聞いて何を思い浮かべる?

 

「いろいろな国に駐在して活躍する」っていうイメージ?

 

実際、多くの外交官が海外で勤務し、ほとんどが「在外公館」と呼ばれるところに勤めている。

 

在外公館とは、日本が外国との外交を行う拠点になるところ。

 

大使館、総領事館、政府代表部の3種類があり、全部ひっくるめて在外公館と呼んでいる。

 

今、世界の約220カ所に在外公館があり、なかでも各国の首都に置かれ、重要な役目をもつのが大使館。

 

では、大使館で働く人は、いったいどんな仕事をしているんだろう?

 

そこで、日本の大使館の仕事をリアルに知る若手外交官に聞いてみた!

 

お話をうかがったのは、外務省 中南米局 南米課の木下遼さん。

 

外務省職員として中米のニカラグアとエルサルバドルの2つの国に赴任し、それぞれの大使館に勤めた経験がある。

 

1.日本の大使館ってどんなところ?

2.日本の開発協力を進めるために、現地のさまざまな人と話し合う

3.途上国の地域を支援する「草の根無償」のプロジェクトとは?

4.学校などが完成し、地域の人が喜ぶ場面に立ち会えるのがやりがい

5.「9.11」(アメリカ同時多発テロ事件)に衝撃を受け、国際社会に興味をもった

6.高校生の皆さんへ

 

日本の大使館ってどんなところ?

外交の最前線で働く! 世界各国にある「日本大使館」の仕事とは?

  「大使館は、その国での、日本政府を代表する機関です。日本にとっては相手国との関係をよりよくするための拠点ですが、相手国にとっては日本への入口になるところなんですよ」

日本大使館の活動例には大きく次の6つがある。 ●相手国の政府との話し合いや連絡を行う。

●その国の政治・経済などの情報を集め、分析する。

●その国の発展を支援するために開発協力を行う。

●日本を知ってもらうための文化交流を企画したり、広報活動をする。

●その国の人が日本へ行くとき、必要な査証(ビザ)を発給する。

●事件や自然災害が発生したとき、観光や留学、仕事でその国にいる日本人の安否確認をしたり、被害にあった人を助けるための活動を行う。


木下さんはどんな仕事をしていたの?

「さまざまな仕事を経験しましたが、エルサルバドルで主に担当していた開発協力についてお話ししたいと思います」


日本の開発協力を進めるために、現地のさまざまな人と話し合う

 

開発協力とは、開発途上国が発展するための支援をすること。 「会社にたとえると、東京の外務省は本部です。

 

その海外支部が大使館。本部が決めた方針に沿って、海外支部である大使館は現地で開発協力の事業を進めるのです。

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。