体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xmas Eileen、全国ツアーのファイナル公演が大団円で閉幕

Xmas Eileenが11月1日に京都からスタートした全国ツアー『DIS IS LOVE TOUR 2017』の最終公演をクリスマスの夜に東京・お台場のZepp DiverCity TOKYOで行なった。2ndアルバム『DIS IS LOVE』を10月にリリースし、京都を皮切りに全国15箇所で行なわれたこのツアーは、初日の京都と最終日の東京はワンマン公演でそれ以外の各地13箇所はゲストアクトを迎えての公演。最終日の東京公演は、『TOUR FINAL -ONLY HOLY NIGHT 2017-』と題し、彼らが2014年、20115年と大阪で行なっていた『ONLY HOLY NIGHT』の初東京開催となった。
12月25日@Zepp DiverCity TOKYO (okmusic UP's)

このツアーから刷新された登場SEのクリスマスソングにあわせて、メンバーがステージに登場。パフォーマーがセンターでフラッグを大きく振り客席を煽る。そして、少し遅れてボーカルの2人が登場、ギターのフィードバック音が鳴り「DIS IS LOVE TOURへようこそ メリークリスマス」とギターの一言から1曲目「Keep on A・B・C・ing」がスタート。「Tell me all your lies」「Still a Liar」「Long Highway」と4曲をノンストップでたたみかける。

最初のMCで、Vo右が「世界中が一番にぎやかな日のド平日月曜日にこんなにたくさんの人に集まってもらって本当にうれしいです。ありがとう」とコメント。シャウトして、メッセージの強いアルバムのリード曲「Candy Smile」へ。アルバム1曲目に収録されている モンストアニメ消えゆく宇宙主題歌の「Timer」、2017年4月にリリースした1stシングル「99.9」で会場一体となり拳を上げる。次のMCでは、Vo右がパフォーマーへトークの中心を譲ろうとするがパフォーマーが構えすぎてうまく流れないグダグダな笑いとなっていく。ちょうどライブの中間地点で、このバンドならではの緊張が一気にほぐれていく。ロス出身(本人たち曰く設定)というトークなどライブで繰り出されるタイトでラウドな曲とは相反する仮面の下の表情がにじみ出るようなメンバーのトークも彼らのライヴの魅力。

そして、ラウドだけどピースフルなシンガロングできる曲たちが続きフロアの一体感が増していき、「パーセンテージ」では、まさにこの彼らにしては大きなステージを選んだ意味がこの曲に込められているような大きな世界で客席を包み込んだ。最後のMCでリーダーVo右は「4年前の今日、いままでやっていたユニットとバンドをなくしました。もう全部終わりにしようと思ったけど、最後にもう一度だけこのメンバーで音楽をやろうと、勝負しようと決めました。3年半でここに着たのが早いのか遅いのかわかりませんし、まだまだ満足していません。もっともっと突き進んでいきます。そして、僕らは誰よりもロックだと思っています!皆さん今日はまだまだ行きますよ!」と語った。

ラストセクションは、彼らがXmas Eileenを結成して最初にリリースしたミニアルバムに収録されている「No justice in this world」。レーザーとムービングライトが完璧にシンクロしたエンターテイメントロックショウがクライマックスへ。新旧織り交ぜた曲のなかでも攻撃力の高い選曲がこれでもかと攻め、Vo左の「皆さん、もっとバカになってくれますか!?」のシャウトで鉄板のクレイジーソングで会場全体のモンキーダンス。あっという間の19曲大団円。明るくなったステージにメンバーが一列に並び本編を締めくくりました。そして、公園終了のアナウンスがあっても鳴り止まないコールへトレンチコートを脱いだメンバーが再登場。とどめの2曲で約2ヶ月、15箇所のツアーを打ち上げた。

すでに発表されている2018年1月から6ヶ月連続で開催されるXmas Eileen主催イベント『VILLAGE VANGUARD presents Before Christmas 2018』の1月公演は即時完売。2月の東京公演は、1月27日からチケット一般発売となる。大晦日の『COUNTDOWN JAPAN 17/18』、そして新年早々からも関西、関東でのライヴが発表されており、今日のツアーファイナルを経てもまだまだ続く。

Photo by ハタ サトシ
【セットリスト】

1. Keep on A・B・C・ing

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy