体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒューマンドラマ、ミステリー、ファンタジー、シチュエーションコメディまで!おすすめの2018年冬ドラマ5選!

ヒューマンドラマ、ミステリー、ファンタジー、シチュエーションコメディまで!おすすめの2018年冬ドラマ5選!

2017秋ドラマは近年まれにみる豊作だったのではないでしょうか?新ドラマだけでも、小泉今日子さん、菅野美穂さんの『監獄のお姫さま』、綾瀬はるかさんの『奥様は、取り扱い注意』、篠原涼子さんの『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』、武井咲さんの『今からあなたを脅迫します』、役所広司さんの『陸王』、浅野忠信さん、神木隆之介さんの『刑事ゆがみ』、櫻井翔さんの『先に生まれただけの僕』、井上真央さん、仲間由紀恵さんの『明日の約束』などなど、豪華すぎるラインナップ。

さらに、人気作の続編ものとして、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』『相棒 Season16』『コウノドリ』『科捜研の女』などが加わるわけですから、もはや録画容量がどれだけあっても足りなかったのでは・・・。

そして、来月からはいよいよ冬ドラマが始まります。秋ドラマでどっぷりとドラマ生活に浸っていた方は特に、2018冬ドラマへの期待値も高まっているかもしれません。そこで今回は、2018年の1月から始まる冬ドラマの中から、筆者が特におすすめしたい作品を5本ピックアップしてご紹介させて頂きます。あくまで筆者の独断と偏見で選ばせて頂いておりますので、参考程度にお読み頂けますと幸いです。

anone(アノネ) / 日本テレビ(水曜22:00~)

まずは水曜日の22時、日本テレビで放送される『anone(アノネ)』。主演を務めるのは若手女優のトップに君臨する広瀬すずさん。CMや映画で魅せるあの最高にキュートな笑顔を、今期は連ドラで堪能できるわけです。

ニュースでは、もともと短かった髪の毛を同作のためにさらにばっさりと切り、人生最短のベリーショートと話題になりました。ちなみに、広瀬すずさんの笑顔を堪能と書きましたが、作品の内容は生きる事の意味を問い、人間愛について、人生について描いたヒューマンドラマ。きっと、真剣な眼差しや苦悩する表情など、新たな広瀬さんの魅力を発見できることでしょう。田中裕子さん、阿部サダヲさん、小林聡美さんなど、脇を固める強力な布陣も超豪華。期待の一作に数えて間違いないのではないでしょうか。

BG~身辺警護人~ / テレビ朝日(木曜21:00~)

お次は、木曜日21時、テレビ朝日で放送される『BG~身辺警護人~』。キムタクこと木村拓哉さん主演の期待作です。今回の木村さんは武器を持たず丸腰で依頼人を守る民間のボディーガード役。激しいアクションなども魅せてくれるのではないかと期待してしまいます。

そんな木村さんを支えるのが、江口洋介さん、石田ゆり子さん、斎藤工さんなど、これまた豪華な俳優陣。さらに、個人的には運動神経抜群「菅沼まゆ」役の菜々緒さんのアクションに期待大。あの完璧なスタイル、長い手足で華麗に舞う姿は間違いなくお美しいはず。そして、今期もっとも好調だったドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の後枠というのも興味深いですね。

アンナチュラル / TBS(金曜22:00~)

お次は、金曜日22時、TBSにて放送される『アンナチュラル』。主演は石原さとみさん。死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした1話完結型医療ミステリーです。

石原さんをはじめとした魅力的な出演者はもちろん見どころのひとつではありますが、筆者が同作をおすすめする大きなポイントのひとつとして、野木亜紀子さんの脚本であるという事ははずせません。野木亜紀子さんといえば、昨今のドラマ界で大きな話題となった『逃げ恥』をはじめ、『掟上今日子の備忘録』や『空飛ぶ広報室』など、新垣結衣さん主演の人気ドラマ作品を多く手掛けている印象が強いですが、今回は石原さとみさん主演の作品をどのようにまとめ仕上げてくるのか、とても楽しみです。

さらに、個人的にここ数年でもっとも面白かったドラマでもある黒木華さん主演の『重版出来!』も野木亜紀子さんの脚本。今作への期待がより高まります。

電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~ / テレビ東京(土曜0:20~)

お次は深夜ドラマから1本。土曜日の深夜0時20分からテレビ東京にて放送される『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』。1990年代前半に桂正和さんの大人気漫画作品『電影少女』を読んでいた世代のファンからすれば、同作のドラマ化は衝撃的だったと思います。

あの「弄内洋太(もてうちようた)」と「天野あい(あまのあい)」の物語が実写ドラマに!?と期待してしまった方も多いと思いますが、実は今作の主人公は「弄内洋太」の甥である男子高校生「弄内翔(もてうちしょう)」。あの『電影少女』の物語から25年後の設定との事です。そんな主人公「弄内翔」を演じるのは野村周平さん、そして「天野アイ」には乃木坂46の西野七瀬さん。伝説の名作がどのように蘇るのか、楽しみで仕方ありません。

漫画みたいにいかない。 / 日本テレビ(水曜24:59~)

1 2次のページ
日本タレント名鑑の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。