体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チーズをふんだんに使った、あったか美肌レシピ

1712263

寒くなってきたこの季節に、食べたくなるものの一つがチーズ料理です。チーズは美味しいだけではなく、女性に嬉しい成分が豊富に含まれているのを皆さんはご存知でしたか? 女性をキレイにするホルモンと言われるPEAや、美肌を作るビタミンA、代謝を助けるビタミンB2、抗酸化作用に優れたビタミンEを含む食べ物なんです!
チーズ好きのあなたにも、そうでないあなたにも試してほしいチーズ料理をご紹介します。

<チーズスイートポテトキャセロール>
■材料
・クッキングスプレー 適量
・グルュイエールチーズ(おろしたもの) 11/2カップ
・ブレッドクラム 1/2カップ
・パセリ(みじん切り) 大さじ2
・エクストラバージンオイル 適量
・無塩バター(溶かしたもの) 1/4カップ
・ニンニク 3かけら
・タイム(刻んだもの) 小さじ2
・コーシャーソルト 適量
・黒胡椒 適量
・さつまいも(皮をむいて、薄くスライス) 1.1キログラム
・チキンブイヨン 1/4カップ
■作り方
1.オーブンを190度に予熱し、スキレットにクッキングスプレーを吹きかけます。
2.小さなボウルに1カップのグルュイエールチーズ、ブレッドクラム、パセリ、大さじ3−4のオリーブオイルを入れ混ぜてください。
3.大きなボウルに、バター、ニンニク、タイム、残りのグルュイエールチーズ、大さじ1の塩と大さじ1/2の黒胡椒を合わせます。ボウルに、さつまいもを入れ、よくコーティングされるように混ぜます。
4.スキレットにサツマイモを重なり合わせて写真のようになるように並べます。チキンブイヨンを注ぎます。
5.さつまいもの上に、均一に2で混ぜた材料をふりかけ、アルミホイルでカバーし、オーブンで30分ほど焼きます。アルミホイルを剥がし、表面がこんがり焼けるまで更に約20分焼き、オーブンから出して5分休ませたらできあがり!

1712264

<ジャックチーズとスモーキーポルテホォンデュ>
■材料
・ベーコン(横に半分にカット) 4枚
・ワケギ(細かく刻んだもの) 1/4カップ
・ピーマン(細かく刻んだもの) 1/4カップ
・ニンニク(すりおろした) 2かけら
・中力粉 小さじ2
・モントレージャックチーズ 4カップ(500グラム)
・サワークリーム 500グラム
・チポトレチリアドボソース 小さじ2−3
・フランスパン(一口サイズにカット) 適量
・トルティーヤチップス 適量
■作り方
1.中くらいの鍋でベーコンをカリカリになるまで炒めます。カリカリになったベーコンをペーパータオルに包んで砕いておきます。
2.ワケギ、ピーマン、ニンニクを鍋に入れ、野菜が柔らかくなるまで炒めます。中力粉を入れかき混ぜます。チーズ、サワークリーム、チポトレチリを入れ更に混ぜます。チーズが溶け材料が滑らかになるまで、弱火から中火で加熱してください。
3.鍋をスロークッカーに移し、2時間温め、上に砕いたベーコンを乗せ、フランスパンやトルティーヤでいただいてください!

圧倒的な美容効果が豊富に含まれたチーズ料理を食べて、心も、体も喜ぶレシピを存分に楽しんでみてください。

「delish」
http://www.delish.com/cooking/recipe-ideas/recipes/a50722/cheesy-sweet-potato-casserole-recipe/
「MidwestLiving」
http://www.midwestliving.com/food/comfort/cheese-recipes/?page=15

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。