体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モノクロとカラーの映像美で描く、心に傷を負った女性の人生

1712262

故・高倉健をテーマにしたドキュメンタリー『健さん』でモントリオール世界映画祭最優秀作品賞を受賞した日比遊一監督による、初のフィクション映画『ブルー・バタフライ』が公開中。

義父から性的暴行を受けて育ち、酒やドラッグに身をまかせる荒んだ生活を送っているヤズ。彼女を守るために罪を犯した義兄・マニーは、妹への特別な思いを隠しながら必死に支えようとするが、ヤズの行動はさらにエスカレートしていく――。

孤独や絶望といったダークな感情を描きながらも、モノクロとカラーを織り交ぜた映像で切り取った美しい世界観が印象的。年始より各地で上映予定なので、ぜひスクリーンで堪能して。

ブルー・バタフライ
監督:日比遊一
出演:トレイシー・ペレス、イヴァン・カミロ、ジョン・ジューバック
(2014年/アメリカ)
公開中(横浜シネマリンにて1月13日(土)より、1月20日(土)にて京都みなみ会館、宇都宮ヒカリ座にて4月7日(土)より上映予定)
https://www.facebook.com/bluebutterfly.movie/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy