体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イアン・マッケラン、アマゾンの『ロード・オブ・ザ・リング』テレビシリーズ版への出演に意欲

イアン・マッケラン、アマゾンの『ロード・オブ・ザ・リング』テレビシリーズ版への出演に意欲

J・R・R・トールキン原作の小説『指輪物語』をアマゾンがテレビドラマ化するが、サー・イアン・マッケランもとには、新しいシリーズへの出演依頼が届いていないらしい。2001年製作の映画『ロード・オブ・ザ・リング』(LOTR)より前の世界を描くことになるこのテレビシリーズにはガンダルフを登場させるつもりがないのかも知れない。ただ、誰かがガンダルフを演じるというのであれば、まずはマッケランに声をかけるのが当然だろう。

英国人気トーク番組のホスト、グラハム・ノートンのラジオ番組に今月16日に出演したマッケランが、他の役者がガンダルフを演じることになったら気になるか、とノートンに質問されると、呆れたように「誰か別の役者がガンダルフをやるってどういうことだ?」と答え、こう続けた。「オファーされていないので、まだOKしてないが、他の誰かがあの役をやると言うのかい?  ガンダルフは7,000才を越えてるんだから、私はまだそこまで年は取ってないよ」

ごもっともだ。ただ、”過去を描く”のでガンダルフも若返っているわけだが、そこは特殊効果で若作りはできる。あるいは現在のマッケランのままで誰も文句は言うまい。

エンタメ情報サイト『Deadline』によれば、このLOTRの過去にさかのぼる新シリーズは、アマゾン・スタジオがトールキン・エステート・アンド・トラスト、ハーパーコリンズ、ニュー・ライン・シネマと共同で製作しているとのこと。ニュー・ライン・シネマはワーナー・ブラザーズ・エンターテインメント傘下で、ピーター・ジャクソンの大ヒット映画『LOTR』と『ホビット』各シリーズを世に送り出した会社である。マッケランはすでにこのフランチャイズの一部とも呼ぶべき存在なのに・・・一体、どうなるのだろうか?

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

オスカー・アイザック、アニメ版映画『アダムス・ファミリー』ゴメズ役を交渉中
幸せ全開!ハリー王子とメーガン・マークルが3枚の婚約写真を披露
ふざけ過ぎ!?『デッドプール』ライアン・レイノルズが、今度は「アダムの創造」のパロディ画像を公開
ヒュー・ジャックマン、結婚21年目の妻との愛に満ちた生活を振り返る
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、世興収入5億ドル超えの大ヒットスタート

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。