体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GOODWARP、唐田えりか出演の「Souvenir」縦型MVを公開

GOODWARPが配信限定シングルとしてリリースした新曲「Souvenir」のMVをYoutubeにて公開した。このMVはバンドにとって初の長編ドラマ仕立てとなっており、監督・演出を岡田文章が担当。主人公の女性役には、2018年公開映画『寝ても覚めても』にヒロイン役で出演する、雑誌『MORE』『mini』のモデルとしても活躍中の唐田えりかを起用。さらにGOODWARPの吉崎拓也(Vo&Gu)も演技にチャレンジしている。
「Souvenir」MV (okmusic UP's)

住宅街の長い階段で“グリコ”に興じる男女。しかし時折、互いの瞳の奥には迷いや悲しみを潜らせ、ふと悟るような眼差しをみせる…何気ないジャンケンをモチーフに揺れ動く男女の切ない心理を描いた、バンドの新境地が感じられる映像だ。なお、同MVはスマートフォン向けの縦型で制作されており、ストーリーの世界観により深く入り込めるような感覚を味わえるので、ぜひスマートフォンでも見てみてほしい。
【各関係者よりコメント】

■GOODWARP 吉崎拓也(Vo/Gt)

思わずルール違反をしてでも、壁を越えたいときがあります。それが大切な誰かとの別れ際だったら、なおさら。

階段を登りきってしまったら、きっともう2度と戻ってはこられない。

僕と同じように、やり切れない思い出をひとつふたつお持ちの方には、きっと感じるものがあるのではないでしょうか。

ぜひご覧になってみてください。

■岡田文章 監督

うまい例え話が思いついて、相手に投げつけてみたものの、

結果、そのうまさは、相手より先に、自分を傷つけることに。

煮詰まる鍋、震える声、作り笑い。

Souvenirは、男性目線の歌ですが、相手の女性の心情を軸に描いてみました。

■唐田えりか

撮影では、ヴォーカルの吉崎さんとグリコをしたり、合間にはカレーの話をしたり、、

和気藹々とした楽しい現場でした。

カップルの心情の距離感がグリコで表されているのですが、

実際に離れて行くと、本当に胸が苦しくなりました。

好きだけど、もうダメなんだ。私は進もう。こうさせたのは貴方なんだよ。

という切ない彼女の気持ちや、今の幸せの大切さ尊さを、

見ている方に気付いていただけたら良いなぁと思います。

そして私はGOODWARPさんのファンになりました♪
配信シングル「Souvenir」
各種サイトにて好評配信中

<配信ページ>

・iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/id1297180561?app=itunes

・レコチョク

http://recochoku.jp/song/product/1008863700/

・Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/id12971805617?app=apple

・Spotify

http://open.spotify.com/album/1JFDA8cAKjfZxGWI9AuDRm

・AWA

https://s.awa.fm/artist/a15d92632e4d693ed217/?playtype=copy_artist&t=1508947864

・LINE MUSIC

https://music.line.me/launch?target=album&item=mb0000000001538408&cc=JP

・Google Play Music

https://play.google.com/music/m/B2mq45y5aeqhrnw6dz2tf6vu3he

・KKBOX

http://kkbox.fm/Tr0z56
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。