体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新幹線の自由席に座るなら偶数号車のB席を狙う

新幹線の自由席に座るなら偶数号車のB席を狙う

新幹線を指定席で購入すると、どうしても時間に縛られてしまいます。また、指定席料金もバカになりません。東京~新大阪間で自由席特急券と指定席特急券の差額は830円にもなります。とはいえ、新幹線の自由席は事前に並ぶのは必至。このとき、新幹線自由席に座るなら偶数号車のB席が狙い目です。

新幹線の自由席は偶数号車に並ぶ

新幹線の自由席に並ぶとき、単純に列の長さで決めている人も多いでしょう。新幹線「のぞみ」の自由席は1~3号車、「ひかり」は1~5号車。何号車でも同じ座席数のように見えますが、実は車両で10席以上も違っているのです。

1号車は運転室があるため座席数が最も少ない車両。そして奇数号車にはトイレなどが設置されるため、座席数が減ります。例えばN700系は、運転席とトイレのある1号車の座席数は65席、またトイレがある3号車の座席数は85席になります。

しかし、トイレなどが設置されていない2号車は座席数は100席です。そのほとんどが座席で埋められています。1号車と比べると2倍近い座席数の違いがあるということ。新幹線の自由席に座るなら、偶数号車に並ぶのが正解です。

新幹線自由席はスペースならB席

また、新幹線の普通車の座席は通路をはさんで3席と2席に分かれています。3席の窓側から「A・B・C」、2席の通路側が「D」、窓側が「E」。このうちB席は、景色もゆっくり見られませんし、トイレにも行くのも立ちにくい不人気シートです。

実際、新幹線の指定席の座席予約でも、最後まで残るのはこのB席。ただし、このB席にもお得なところがあります。ほかの座席にくらべて、シートの幅が広いのです。

300系以降、新幹線のB席は幅46cmで、ほかの席より3cm広い設計。N700系で窓側や通路側も少し幅が広がりましたが、それでもほかの座席より2cm広いのです。新幹線自由席でも、スペースだけ考えれば意外にB席が狙い目になります。

なお、N700系の座席の間隔は普通車1,040mmのところ、1号車と16号車は形状の兼ね合いから1,023mm。新幹線自由席では1号車は選ばないほうがよいかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。