体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れたいCafe1001

甘いチョコレートと清涼感あるミントが奏でるチョコミント。巷では、チョコミントを愛して止まない人々のことを「チョコミン党」と呼ぶなど、不動の地位を確立していると言っても過言ではありません。

京都には、そんな「チョコミン党」の聖地とも名高い、チョコミントの世界に浸れるとっておきのカフェがあるんですよ。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
情緒あふれる昔ながらの街並みが今なお残る、西陣。この地にチョコミントの聖地との噂の「Cafe1001(いちまるまるいち)」はあります。

店舗は町家をリノベーションした古き良き和の佇まい。ランチ時は行列ができることで知られる人気店ですが、開店の11時半に到着すると待たずに入店できました。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
ブックカフェでもあるCafe1001。壁や本棚には所狭しとさまざまなな本が並べられています。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
店内は木の温もりが至るところに感じられ、ほっこり和む雰囲気。ちなみに看板メニューでもあるチョコミントパフェは一日30個限定。目当ての人は早めに入店するのがよさそう。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
そして「チョコミントパフェ(1000円)」の到着。幻想的なエメラルドグリーンの世界が吸い込まれそうな美しさ!

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
ちょっと上から覗いてみましょう。トップには大きなチョコミントアイスが2つ鎮座。その下には生クリーム、ミントゼリー、ミントの葉、チョコビスコッティーが確認できます。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
パフェにいっそう清涼感を与えている透明なミントゼリー。キラキラとしたルックスは、見ているだけで涼しげな気持ちに。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
そしてグラスを裏返すとボリュームたっぷりのガトーショコラがお目見え。

【京都】チョコミン党の聖地!心ゆくまでチョコミントに溺れられる「Cafe 1001」
早速チョコミントアイスをいただいてみましょう。期待通りチョコチップがパリパリした食感で、滑らかなアイスと絶妙なコンビネーション! アイスの下にはまろやかな生クリーム、サクサクしたグラノーラ、濃厚なミントティラミスが重なり合い、極上のミントのハーモニーを奏でています。

食べ進めるごとにミントやチョコの風味や味わいの変化が楽しめ、感動的なおいしさ! 脳から身体までチョコミントの世界に没頭できる至福のパフェでした。

Cafe1001では、チョコミントパフェの他にもミントザッハトルテやチョコミントココアなどのメニューも用意。我こそはチョコミン党! という人はぜひ一度、聖地に足を運んでみてはいかがでしょうか?

[Cafe1001]
[All photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。