体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豊田章男社長が自ら運転して世に問う、トヨタ センチュリーGR

▲メッキパーツがスモーク調に変更され、引き締まった印象が醸し出される、社長専用のセンチュリーGR。本来の品位が損なわれないよう、過激なドレスアップは行われない模様だ

▲メッキパーツがスモーク調に変更され、引き締まった印象が醸し出される、社長専用のセンチュリーGR。本来の品位が損なわれないよう、過激なドレスアップは行われない模様だ

単なる道楽じゃない、リサーチ目的のワンオフ

3代目となる新型のセンチュリーに手が加えられて、社長用のドレスアップモデルが製作されることが決まった。しかし、ただの道楽と思うなかれ。これも商機を探る社長の戦略なのだ。

センチュリーをドレスアップして、ホットバージョンを作ろう。

もし、あなたがトヨタの開発部で働いている従業員であったとしたら、こんな提案をする勇気はあるだろうか。きっと、大半の人は言い出せないだろう。

しかし、トヨタ社内で実際にセンチュリーをドレスアップして、GRに仕立てるプロジェクトチームが結成された。しかも、なんと言い出しっぺは、モリゾウこと、豊田章男社長自身だというから、驚きだ。

好き勝手なことをしてもいいご身分だよな、と冷ややかな目で見る方もいるかもしれない。が、このワンオフプロジェクトは、ビジネスチャンスがないか、市場調査を行う目的を兼ねているのだ。

先代LS600hから4WD機構を移植。さりげない差別化で精悍さを打ち出す

トヨタが目をつけたのは、メルセデス AMG S65に代表される、ラグジュアリー4ドアベースのチューンナップカーだ。これらに対抗できる豪快さと押し出しの強さを備えたサルーンが、トヨタにも求められているのかどうか。それを調べる狙いで、ワンオフのセンチュリーGRが製作されることになった。

パワートレインには、ベース車と同じ5L V8ハイブリッドが用いられ、先代LS600hから4WDシステムを流用。また、外観のメッキパーツはスモーク調に変更されて、スポーティさが演出される。

製作された車に社長が自ら乗って出かけ、反響を見るようだ。また、国内ユーザーだけでなく、海外からトヨタを訪れるVIPにも見せて、需要があるかどうか探る狙いもありそう。

レクサス LSではなく、トヨタブランドの最高峰であるセンチュリーで試してしまう心意気が面白い。

▲新型センチュリーに用いられる5L V8ハイブリッドは、先代LS600hに使われていたものを2WD化したものだ。そのため、4WDに戻すことは難しい話ではない。現に、ワンオフで製作されるセンチュリーGRは、4WDに仕立てられるという

▲新型センチュリーに用いられる5L V8ハイブリッドは、先代LS600hに使われていたものを2WD化したものだ。そのため、4WDに戻すことは難しい話ではない。現に、ワンオフで製作されるセンチュリーGRは、4WDに仕立てられるという

※2017年12月26日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想完成時期(ワンオフ):2018年11月

■全長×全幅×全高:5335×1930×1505(mm)

■搭載エンジン:5L V8+モーターtext/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、レクサス

関連記事リンク(外部サイト)

スズキ クロスビー(XBEE)がデビュー! こういうコンパクトSUVって、ありそうでなかったよね!
車内恋愛 #01「私のサンタさんは、ロードスターでやってくる」後編
“イケてる”レガシィツーリングワゴンで、家族とのお出かけ時間を楽しんでいます!

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。