体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

九州初! テキスタイルデザイナー・鈴木マサルの個展が福岡で開催中

menimierumono-subete-irogara_01

会場内を色柄で埋め尽くす

2017年12月9日(土)から2018年1月14日(日)まで、福岡・天神の「三菱地所アルティアム」にて「鈴木マサルのテキスタイル展」展が開催されています。

テキスタイルデザイナー・鈴木マサルは自身のブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」を展開するほか、marimekko(マリメッコ)やLAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)など有名テキスタイルブランドでデザインを手がけています。

企業とのコラボも積極的に取り組んでおり、arflex(アルフレックス)などの家具ブランドのほかUNIQLOやZoff、familliarなどその範囲は広範。今回は九州地区で初めて開かれる鈴木氏の個展で、「目に見えるもの、すべて色柄」をテーマにこれまで発表したテキスタイル、傘、ラグ、ファブリックパネルなど100点が展示されます。

展覧会に寄せ、「色柄はビタミンのように生活に活気をあたえてくれる」と語る鈴木氏。すべてのものを色と柄で埋め尽くした会場は鈴木氏の世界観であり、プリントテキスタイルを手がける氏の決意でもあるのです。

高揚感や沸き立つ気持ちを刺激できるのは色柄ならではのもの。会期中は、会場のある施設「イムズ」12階のレストランゾーンにある吹き抜け空間にもテキスタイルが展示されるそうです。

鈴木マサルのテキスタイル展

会期:2017年12月9日(土)~2018年1月14日(日) 10:00~20:00

※12月31日(日)、1月1日(月・祝)は休館

会場:三菱地所アルティアム/福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8階

入場料:一般400円、学生300円、高校生以下無料

POP UP SHOP

会場:アートショップドットジー(イムズ8階)

※福岡市内のショップ「B・B・POTTEERS」と「LT LOTTO AND TRES」でも鈴木マサルデザインのアイテムを販売

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

80・90年代のデッドストック品を蔵出し!「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」開催
6名の目利きが新年の贈りものをセレクト「てみやげ展」開催
バイキング、陶器市、わけあり市…お買い物イベント10種あります「AKOMEYA蚤の市」

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy