体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

80・90年代のデッドストック品を蔵出し!「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」開催

arita-hasami-deadstock_01

2017年12月28日(木)から2018年1月21日(日)まで、 東京・表参道のPASS THE BATON GALLERYにて「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」が開催されます。

佐賀県と長崎県にまたがる肥前地区の陶磁器を扱う西海陶器のデッドストック品が蔵出しされます。

メインは、1980年代後半~1990年代に生産された有田焼や波佐見焼の和食器。80年代後半といえば日本経済の最後の華・バブルの爛熟期で、肥前地区の華やかな磁器も数多く海外へ輸出されました。会場には思わず目を奪われる絵付け、金彩、近年の作品ではほぼ見なくなった網目加工などを施した豪奢な品々が揃います。

その多くが日本料理、割烹料理の業務用で、個人での購入が難しく、今となっては生産体制の面で再生産も不可能なものばかり。

一点もの多数で在庫限りの貴重品がそろう滅多にない機会となっています。器好きなら見逃せないイベント、お気に入りの1枚を探しにどうぞお出かけください。

有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市

会期:2017年12月28日(木)~2018年1月21日(日) 11:00~21:00 ※日祝11:00~20:00

会場:PASS THE BATON GALLERY(パスザバトン表参道店内)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

6名の目利きが新年の贈りものをセレクト「てみやげ展」開催
バイキング、陶器市、わけあり市…お買い物イベント10種あります「AKOMEYA蚤の市」
九州初! テキスタイルデザイナー・鈴木マサルの個展が福岡で開催中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。