体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サムスンとKTテレコム、冬季五輪控え高速鉄道にLTE-R導入

韓国・平昌で2018年冬季オリンピックが開催されるのを前に、サムスンとKTテレコムは開催地エリアを走る高速鉄道にLTE-Rを導入したと発表した。

LTEをベースとする鉄道用通信技術LTE-R(LTE-Railway)の高速鉄道への導入は世界初なのだという。

・安全な運行に役立つ

LTE-Rでは、電車間、あるいは電車と地上、管制センターなどの間でコミュニケーションを素早くとれるようになり、より安全な運行に役立つ。

サムスンはすでにKTテレコムと共同で、釜山地下鉄1号線(41キロ)にLTE-Rを導入。これは韓国で初だったが、今回の高速鉄道での導入は世界初としている。

・原州市と江陵市を結ぶ路線で

今回導入されたのは、競技会場がある原州市と江陵市を結ぶ120キロの路線。7つの駅が設置されたこの路線を、鉄道が最速時速250キロで走る。

この高速鉄道により、江陵市まではソウルからわずか2時間となり、期間中、多くの人がソウルなどから競技会場を訪れることが見込まれる。そうした利用客の安全性に寄与するのが今回の技術。サムスンとKTテレコムは今後も他エリアでの導入を進めていく方針だ。

Samsung

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。