体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心臓の専門医が「毎日何十人もの鼓動」を聞いて…

心臓の専門医が「毎日何十人もの鼓動」を聞いて…
J-WAVEの番組「SUNRISE FUNRISE」のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。12月24日(日)のオンエアでは、東京大学医学部付属病院・循環器内科医の稲葉俊郎さんをゲストにお迎えしました。

今年2月に出演されて以来、同番組には2度目のご出演となる稲葉さん。さらに12月28日(木)〜30日(土)には、スパイラルガーデンで開催される野村企画・演出によるイベント「食の鼓動 −inner eatrip」にて、「食の鼓動」をテーマでトークセッションにも出演されます。

「『食』に『鼓動』という言葉が入ることで、生命現象、命を食の中に深く発見していくニュアンスを感じます。タイトルを聞いたときに、食に命の動きを見出す印象を受けました」(稲葉さん、以下同)

さらに、「専門が心臓なので、聴診で毎日何十人もの鼓動を聞いてるんです。鼓動を聞くことでその人に流れている時間、子供の時や祖先の時などの流れを感じることができて、イマジネーションを刺激することができるんです」と「食と鼓動」から想起されるご自身のイメージを明かしてくれました。

さて、そんな稲葉さんは著書『いのちを呼びさますもの −ひとのこころとからだ−』を発売したばかり。人の体がどういうものなのかということを、基礎になる“こころ”や“からだ”について書かれていて、「一気に読めるように音楽的に」作った一冊だそうです。「生きることと物を創造すること、心に働いてくるものは1つである」という思いを綴ったとのこと。

「人間が生きていくとはどういうことか、小学生でもお年寄りでも読める本になっています。引きこもりで苦しんでいる人や生きづらくて困っている人に語るように書いています」

最後に、稲葉さんは「来年は、医療だけでなく、思いや願いを共にできる人と繋がり、新しいものを創造していくことを続けていきたい」と来年の抱負を語ってくれました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」
放送日時:毎週日曜 7時40分−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/natural/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。