体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スズキ クロスビー(XBEE)がデビュー! こういうコンパクトSUVって、ありそうでなかったよね!

▲スズキ クロスビー

スズキが提案する新ジャンル「小型クロスオーバーワゴン」

2017年12月25日(月)、スズキ クロスビー(XBEE)がデビューしました。本体価格は176万5800円(税込)から!

XBEEという名前の由来は「X=クロスオーバー、BEE=TO BE EXCITING」から来ていて、「みんなで、もっと遠くまで、遊びに行きたい」「もっと自分らしく、人生を楽しみたい」「それをお気に入りのクルマと一緒にかなえたい」という思いが込められているそうです。

見た目は同社の軽自動車「ハスラー」が、でっかくなっちゃた感じ。特にフロントマスクの意匠がそっくりで兄弟みたいです。

ライバル車になりそうなのも「ハスラー」でしょうか。軽自動車ではパワーが物足りないとか、乗車定員が4人じゃ無理とか……。でっかい方かちっさい方かで選べるから良いと思います。

パワートレインは、1Lターボ+マイルドハイブリッド、6ATの組み合わせのみで、2WDと4WDが用意されております。

カラバリは豊富で単色はもちろん、2トーン、3トーンもあります。アクセサリーも豊富で、内外装問わず沢山のコーディネートが揃っています。自分の好みに合わせられてすごく良いですが、多すぎて逆に選ぶの迷っちゃいそうです。

MINIで定番のチェッカー柄やストライプ柄もあって、そういうのが好きな人にはとってもオススメ!

安全へのケアも、もちろん心配ありません。「SUZUKI Safety Sapport」が用意されていますので、衝突被害軽減ブレーキや誤発進の抑制などなど……、不安な部分をカバーができます。

まだちゃんとドライブしてみたわけではありませんが、今のところは買う人を選ばない感じに仕上がっているな、という印象です。男性でも女性でも、はたまたファミリーでもOKだと思います。

使い勝手の良さはもちろんですが、それだけじゃなく、なが~く愛せる相棒みたいな1台になりそうです。

それでは、写真でご覧ください。

▲スズキ クロスビー エクステリア ▲スズキ クロスビー ラゲージ ▲ラゲージのアレンジがなかなか豊富でうれしい! スライドできるのはイイネ

▲ラゲージのアレンジがなかなか豊富でうれしい! スライドできるのはイイネ

▲汚れものを放り込んでおけるトレー。簡単に取り出してそのまま洗えちゃいます

▲汚れものを放り込んでおけるトレー。簡単に取り出してそのまま洗えちゃいます

▲インパネ周りはシンプルながら、なかなか凝った意匠です

▲インパネ周りはシンプルながら、なかなか凝った意匠です

▲スズキ クロスビー フロントシート
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy