体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この季節に聴きたくなるバラード5曲

2017年も残り僅かとなりました。毎年そうですが、「1年が過ぎるのは早いなぁ」と思いながら、年が明けてしまうと、また春が来て、夏がやって来てと…日々の仕事や生活に追われる人たちも多いことでしょう。そして、12月と言えば、やはりクリスマスということで、東京はまだ雪は降っていませんが、寒い日が続いています。こんなときは家の中でじっくりバラードに浸りたいものです。音楽を聴きながら、今年1年を振り返るのもいいし、来年はこんな年にしたいなと考えるのもいいかもしれません。とりあえず、今はケーキを食べながら、バラードに浸りたい心境です(笑)。では、私的お薦めのバラード5曲です。
ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)
「366日」(’08)/HY

沖縄を拠点に活動する5人組、HYの紅一点・仲宗根泉(Key&Vo)がインスタグラムから派生した『1分間のラブソング』というCDまで今年10月にリリースした。彼女はHY初期から恋愛にまつわるバラードを書き上げ、自らリードヴォーカルを務めるかたちで、「あなた」、「NAO」、「Song for・・・」などファンの心をギュッと鷲掴みにする名バラードを書いてきた。そして、「366日」は1年365日でも足りないくらい思いが溢れている、という心情を込めて+1日という曲名になっている。これは映画×連続ドラマ『赤い糸』主題歌にも抜擢され、多くの人にHYや仲宗根泉の魅力が知れ渡った名バラードである。切ない歌詞とメロディーに耳を傾けるだけで、涙腺が緩んでくる。
「Missing」(’86)/久保田利伸

今年で19回目を迎えた『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO』。北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージで行なわれ、個人的にも初めて訪れたのだが、北海道の雄大な景色と空気の中で観るライヴは最高だった。その2日目(8月12日)の18時半に登場したのが久保田利伸で、日も静まり、辺り一面が暗闇に包まれる中、ライヴ中盤にやってくれたのがこの「missing」でした。イントロが鳴り響いた瞬間に鳥肌が立ち、魅惑のソウルフルヴォイスに聴き入ってしまいました。年齢世代を問わず、多くの人を魅了する珠玉のバラードと言っていいでしょう。86年に出た音源ですが、30年以上の時を経ても、心に深く染み込んできます。
「Wherever you are」(’10) /ONE OK ROCK

この曲は4thアルバム『Nicheシンドローム』に収録された楽曲で、約5年後にNTTドコモのCMソングに起用され、異例のヒットを記録した。そういう意味で非常に珍しいパターン(時間を要したということ)で認知されたことになる。シングルカットもされなかったので、バンド的にはアルバムの中の一曲という位置付けだったのだろう。曲調自体はパワーバラードと言えるもので、英語と日本語を絶妙に織り交ぜたバランスも良く、Taka(Vo)の繊細な歌メロは圧倒的な輝きを帯びている。
「Always」(’94)/BON JOVI

アメリカン・ハードロックを代表する彼らも、上級のバラードを多く作っています。「I’ll Be There For You」、「Never Say Goodbye」、またJon Bon Joviのソロ曲であのスーパーモデル、シンディ・クロフォードとMVで共演し、大きな話題を呼んだ「Please Come Home For Christmas」も知っている人が多いかもしれません。ここではBON JOVI名義で発表されたこのラブバラード「Always」を取り上げたいと思います。これは94年にリリースされた初のベスト盤『CROSS ROAD』に新曲として収録された楽曲で、大ヒットを記録しました。Jonの味わい歌声はもちろん、サビの突き抜けっぷりが素晴しく、一度聴いただけで耳に、心に残り続ける楽曲です。体の奥底から元気が沸いてくるような、不思議なパワーもこの曲から感じます。
「Headed For A Heartbreak」(’88) /WINGER

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。