体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蓮井元彦が写しだす、モトーラ世理奈の表情に魅せられる。個展「Deep Blue – Serena Motola」

Motohiko Hasui

暑くも寒くもない天気。

城ヶ島はいつもと変わらない様子で水は岩に繰り返し打ち付けていた。

観光客もまばらで、海岸までの道に並ぶ店に人はあまり入っていない。

制服はヨットの帆のようにバタバタとなった。

遠くに見える水平線と青い空。

岸壁の下には青と紺の混ざったような色をした海が広がった。

そこに立つ人と、その後ろに佇む景色との重なりを、写真に撮った。

色々な偶然が重なって、今を生きる私たちが、この日ここに居たことをいつか振り返える時の事を思った。

未来と過去が重なった時、写真の本質に少しだけ触れられた気がした。

蓮井元彦 個展「Deep Blue – Serena Motola」
会期:2018年1月30日 (火) - 2月5日 (月)
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:00〜19:00
電話:03-5722-9799
・会期中イベント・
【オープニングレセプション】 2018年1 月30日(火)18 : 00 ~ 20:30
【ギャラリートーク】詳細は決定次第、HPにて情報公開(href=”http://www.al-tokyo.jp”>www.al-tokyo.jp)。

蓮井元彦 | PROFILE
写真家
1983年生まれ、東京都出身。
2003年渡英。Central Saint Martins College of Art and Designを経てLondon College of Communicationで写真を専攻後、2007年より東京を拠点に国内外の雑誌や広告で活動。
主な写真集に「10FACES」「10FACES 02」「Personal Matters」「Yume wo Miru」がある。http://motohikohasui.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。