体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【[Alexandros] ライヴレポート】『Tour 2017″NO MEANING”』2017年12月20日 at Zepp Tokyo

 [Alexandros]が12月20日(水)東京・Zepp Tokyoにて、東名阪のZepp会場を回った『Tour 2017 “NO MEANING”』ツアーのファイナル公演を行なった。MCで“タイトル通り、自分たちのやりたいことをやるだけのツアーです”と語っていたこのツアー。4人はライヴハウスならではのヒリヒリした緊張感の中、ロックバンドの自信と誇りを感じさせるステージで観客を圧倒した。
2017年12月20日 at Zepp Tokyo (okmusic UP's)
                 

 開演時間をすぎ、SE「Burger Queen」でステージに登場した4人。SEに生演奏を重ねてライヴがスタートし、静かに重厚に聴かせた「can’t explain」、川上洋平(Vo&Gu)のエッジィーなギターで始まる「city」と続き、フロアーが熱を帯びていく。「Droshky!」に大きな歓声が上がる頃にはクライマックスと言える盛り上がりを見せる場内。彼らのワンマンを観るのは、今年4月の幕張メッセ以来だが、豪華なステージセットも演出も必要なく、歌と演奏だけで心を動かす堂々としたステージングにロックバンドの自信と誇りを感じる。

 楽器で会話するような息の合った演奏で魅せた「She’s Very」、庄村聡泰(Dr)の原始的なビートに重なる川上のアコギサウンドが心地良い「Waitress, Waitress!」、磯部寛之(Ba)や白井眞輝(Gu)のダイナミックな演奏が高揚感を煽る「Don’t Fuck with Yoohei Kawakami」と巧みな演奏と強い結束力から生まれるグルーブやアンサンブルも凄みを感じさせる。MCでは“自分たちのやりたいことをやるだけのツアー”と語り、“今のところ、俺たちのほうが楽しんでるよ”と観客を煽った川上。“ツアーではやったけど、もうやらないんじゃない?”と語る、『メリー・ポピンズ』の劇中歌「Supercalifragilisticexpialidocious」、壮大なダンスチューン「Thunder」が会場の空気を変えるとライヴは終盤へ。

 “まだまだイケるか、東京?”と始まり、全てを放出するような歌と演奏に観客が大合唱で応えてZeppが揺れた「Starrrrrrr」、スケール感ある楽曲が会場中のコーラスに支えられてさらに壮大な景色を見せてくれた「明日、また」は、ライヴハウスだからこその一体感や連帯感から生まれる興奮と感動があり、ライヴの醍醐味を感じさせてくれた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。