体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「メゾンカイザー」から新年を祝うフランスの伝統菓子が登場


フランスの伝統的な製法を守るベーカリー「メゾンカイザー」から、新しい年の訪れを祝うフランスの伝統菓子「ガレット デ ロワ」が期間限定で登場!

「ガレット デ ロワ」とは、新しい年の訪れにフランスで食べられる伝統菓子。「メゾンカイザー」では、<GRANDE>と<PETITE>の2種類のサイズで登場。フィユタージュ(パイ生地)の中にクレームフランジパンヌ(クレームパティシエールとクレームダマンドを合わせたもの)がはさまれており、食べる際には温めて食べるのがおすすめ。


また、「ガレット デ ロワ」は“フェーブ”(お菓子の中に1個だけ入っている陶器のラッキーチャーム)と呼ばれる陶器を埋め込み楽しむもの。切り分けて食べ、“フェーブ”が入っていた人が当たり。当たった人は、王冠をかぶり祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれている。フランスの伝統的スタイルである“フェーブ”と王冠がセットの「ガレット デ ロワ」で楽しく新年をお祝いしよう。

「ガレット デ ロワ」は、<GRANDE/4~8名用>2376円(税込)・<PETITE/2~4名用>1188円(税込)。予約期間は2018年1月8日(月)まで。「メゾンカイザー」全国の店舗にて、12月28日(木)~2018年1月14日(日)の期間販売。期間より前に販売終了する場合があるのでお早めに!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。