体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46齋藤飛鳥「クリスマスは一人焼肉です…」

乃木坂46齋藤飛鳥「クリスマスは一人焼肉です…」
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が英語初心者である乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。12月23日(土)のオンエアでは、クリスマスの話題からお届けしました。

ハリーが「今年のクリスマスの予定は?」と聞くと、齋藤は「仕事ですね、きっと。仕事が早く終わったら一人で焼肉に行くか、まっすぐ家に帰るか」とのこと。ちなみに齋藤は以前、クリスマスイブに事前予約をして一人焼肉をしたことがあるそうです。

■サンタさんにお願い! 一番欲しいプレゼントを英語で
さて、続いてはリスナーからの「子どもたちに、サンタさんへのお手紙を英語で書かせたいです。『一番欲しいプレゼントは〜です』というフレーズを教えてください」というリクエストに答えました。

ハリーは「マライア・キャリーのクリスマスソング『恋人たちのクリスマス』の原題『All I want for Christmas Is You』(クリスマスに私が欲しいのはあなた)に答えがある」とし、このタイトルの「You」を欲しいものに入れ替えて、「All I want for Christmas is 〜」というフレーズが使えると紹介。齋藤に欲しいものを尋ねると「内緒です」とのこと。ハリーが「休み?」「ハラミ?」とさらに尋ねるも、最後まで「内緒」を貫いていました。

■慌てん坊のサンタさんが日にちを間違えたら?
コーナー後半は、クリスマス寸劇を交えて英会話を勉強しました。ハリー扮する「慌てん坊のハリタクロース」が眠っている齋藤の元にプレゼントを届けにいったものの、日にちを間違えて…というシュチュエーションを、ハリーのウザさ満点の濃い演技で表現(笑)。齋藤も失笑ぎみで寸劇に付き合いつつも、「プレゼントのお食事券は貰えるんですかね?」としっかりプレゼントをリクエストしていました。

そんな寸劇のなかから、いくつか英語フレーズをピックアップ。

「You OK?」(大丈夫?)や、寝ている人を起こしてしまった場合の「Did I wake you up?」(起こしてしまいましたか?)、「You got the date wrong!」(日にちが間違っているじゃないか!)といったフレーズが日常でも使えて便利です。

今年も残り僅かということで、ハリーが「来年に向けて寸劇でリクエストはありますか? なんなら飛鳥ちゃんの新しいキャラとかも…」と振ると、齋藤は「私は大丈夫です、私は遠慮しときます」と即答! さらに「寸劇のボリュームが多いので、ハリーさんの負担が増えて、後半になるとどうしてもキャラが薄くなるのは…まあ目をつぶります(笑)」とダメ出しをしていました。

ちなみに、寸劇によく登場するハリーの濃いキャラの一つ「ウゼブラ」のステッカーをプレゼントとして作成したので、ぜひメッセージや質問を送って「ウゼブラ」ステッカーをゲットしてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。