体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

2017年秋に世界の各都市でおこなわれたファッションウィーク。

なかでもスタイリストの間で好評だったのが、ノルウェーのオスロファッションウィークです。

今回は、ノルウェーの首都・オスロでスタイリストをしているセルマと、ノルウェーのファッション事情について語ってみました。

東京とオスロの共通点。若い世代にファストファッションが人気

STREETSTYLEさん(@tuvians)がシェアした投稿 – 11月 4, 2017 at 12:06午後 PDT

「ノルウェーと聞いて『ファッション』と連想する人は少ないわよね」

そう話すセルマ。

彼女曰く、ノルウェーはファッション性が高い国とは認識されていなくて、どちらかと言えば、寒い国ならではの保温や防寒といった機能性が高いアパレル商品が目立つのだそう。

また、美しい自然に囲まれた国と知られるノルウェーは、ファッション的にも自然なスタイルが好まれ、「ナチュラル」「シンプル」なスタイルが定番。

ヨーロッパのほかの都市に比べると飾らないベーシックなファッションなのだ、とセルマは言います。

Cubusさん(@cubusofficial)がシェアした投稿 – 10月 24, 2017 at 10:51午後 PDT

Bik Bokさん(@bikbok)がシェアした投稿 – 11月 6, 2017 at 3:14午前 PST

さらに、いまの若い世代は、ファッションにお金をかけないとのこと。それは東京でも同じ状況かもしれません。

オスロではスウェーデンのファストファッションブランド「H&M」がまだまだとても人気があり、ノルウェー発の「Cubus」や「BIK BOK」などの低価格ブランドも指示を得ているようです。

そんななか、オスロではノルウェー発のインディーズブランドを国が支援するなど、ファッション界を盛り上げようと国をあげて努力しているのだとか。

シンプルなのにエッジが効いてる。オスロで人気のふたつのブランド

FALL WINTER SPRING SUMMERさん(@fallwinterspringsummer)がシェアした投稿 – 11月 26, 2017 at 9:47午前 PST

FALL WINTER SPRING SUMMERさん(@fallwinterspringsummer)がシェアした投稿 – 12月 8, 2017 at 7:24午前 PST

今回、セルマが着用していて目を引いたのが「FWSS(FALL WINTER SPRING SUMMER)」というブランド。

個性あるデザインとなんともいえない淡いカラーが絶妙なバランスで、オスロのファッショニスタにファンが多いのだそう。洗練された雰囲気のなかにエッジが効いていて、東京でも人気が出そうな予感。

Christina Ledangさん(@christinaledang)がシェアした投稿 – 8月 17, 2017 at 9:56午前 PDT

Christina Ledangさん(@christinaledang)がシェアした投稿 – 12月 4, 2017 at 2:25午前 PST

また、セルマからお土産にともらったTシャツのブランド「C.L.E.A.N」も魅力的。

オスロのスタイリスト仲間の間でもとくに人気のブランドだそうで、カラーやロゴ、デザインのすべてがいままでのノルウェーブランドにはなかった新生だ、とセルマのイチオシでした。

日本ではなかなか知られていないノルウェーブランドですが、シンプルかつエッジの効いたオスロスタイルは、これから東京でも浸透していく期待大です。

写真/gettyimages

■ あわせて読みたい

・見惚れるほどエレガント。ミディアム丈ルームウェアで女度上がる
・ハッピーホリデー! お世話になったあの人に贈りたいチェック柄のルームウェア
・普段、何デニールのタイツ履いてる?
・いつもの冬ファッションを刷新するテクニック。そろそろ脱マンネリしておきたい
・ふわっふわ。ずっと触っていたくなるフランフランのルームウェア
・動くたびにゆらゆら。「LOVE」の文字を散りばめたジェラピケのルームウェアがロマンティック
・「ちょっとそこまで」がはかどるルームウェア。とことんだらだら過ごしたい

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy