体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLAY、クリスマス・イブの函館で大型アリーナツアーが終幕

GLAYが9月より行なっていた24万人を動員する大型アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』の追加公演が、クリスマス・イブである12月24日(日)に地元・函館で行なわれた。
12月24日@函館アリーナ (okmusic UP's)

雪に包まれた函館アリーナ公演は、2days共に満員の大盛況。クリスマス・イブにGLAYのライブを楽しみに来た約4000人のファンが会場を埋め尽くすと、怪しくも激しいSEと共にメンバーが次々と登場した。ライブ1曲目は最新アルバム「SUMMERDELICS」収録のロックナンバー「聖者のいない町」からスタート。スモークに包まれたステージで序盤は静かにTERUが歌い上げる。しかしロックナンバーともあり突如楽曲は激しくヒートアップ。合わせてステージからは炎が立ち上げ、会場のボルーテジも炎の如く急上昇した。そこからの前半戦はギターHISASHIプロデュースによる演出が炸裂。自身が作詞作曲した「デストピア」、「超音速デスティニー」ではダークな世界観の演出で会場を大いに盛り上げた。

ライブ中盤ではTERUが『言葉の一つ一つが函館を連想させる。厳しい冬を越えて来たからこそ出来た曲です』と語ると、大ヒット曲「Winter,again」を披露。アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』では披露して来なかった曲とだけあり、イントロが流れると会場からは大きな歓声が沸いた。冬の函館で聞く「Winter,again」は情景と合わさり格別である。

そして続けて先日リリースした55thシングル「WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜」のリードトラック「あなたといきてゆく」を披露。この曲は先日、日本テレビ系『スッキリ』放送3000回記念企画で結婚式にサプライズ登場した際に披露し『新たなGLAYの名ラブバラード誕生!』と話題になっている。

そして『ライブに来られなかったファンのために』とメンバー発案で、この曲のライブの模様をリアルタイムでLINE LIVEにて配信が行なわれた。LINE LIVEを視聴しているファンからは『自分の結婚式で絶対流したい。』『両親に向けた結婚祝いのお返しに、このCDをプレゼントする!』など、コメントも多く寄せられ、大いに盛り上がった。そして驚いた事に、本来「あなたといきてゆく」1曲のみの配信予定であったがLINE LIVEは終了せず、そのままGLAYのクリスマスソング「Time for Christmas」も生配信を開始。メンバーからの嬉しいサプライズともあり、LINE LIVEを見ていたファンによるSNSなどでの反応が多く、放送時間10分程にもかかわらずその間15万人近い視聴者数を誇り、多くの人にGLAYから最高のクリスマス・プレゼントが贈られた。

LINE LIVEの生配信が終了してからも、北海道新幹線のテーマソングとなった「Supernova Express 2017」などを披露し、会場を大いに盛り上げ、本編最後はTERUが新しい夢を見つけて誕生した楽曲「the other end of the globe」を披露して終えた。会場からは大きなGLAYを呼ぶ声が鳴り止まず、そのままアンコールがスタート。「SHUTTER SPEEDSのテーマ 」などアッパーナンバーを次々に投下していき、会場はすぐさま熱気に包まれていった。

最後はTERUが『今ままで続けて来て本当に良かった! 皆に出会えて良かった!』と感謝の言葉を叫び、20周年の節目に作られた、決意表明とも言える楽曲「MUSIC LIFE」を披露。函館の街全体が長期間にわたって行われたアリーナ・ツアーの追加公演をお祝いしているかの様に、暖かい空気に包まれてゆき、まさに函館はGLAYのホームなのだと言えるライブ・フィナーレとなり、長きに渡るツアーの幕が下ろされた。
【セットリスト】

M1.聖者のいない町

M2.デストピア

M3.I am xxx

M4.超音速デスティニー

M5.ロングラン

M6.空が青空であるために

M7.SUMMERDELICS

M8.微熱(A)girlサマー

M9.時計

M10.Winter,again

M11.軌跡の果て

M12.あなたといきてゆく

M13.Time for Christmas

M14.Scoop

M15.シン・ゾンビ

M16.BEAUTIFUL DREAMER

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。