体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

各国軍が協力!サンタクロースエスコート大作戦

各国軍が協力!サンタクロースエスコート大作戦

 よいこの皆さんにはサンタクロースからプレゼントは届きましたか?世界中を飛び回ってプレゼントを配ったサンタクロース。その陰には各国軍による協力があったのです。その様子がTwitterで報告されています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■カナダ軍は戦闘機でエスコート

 NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)の一員として「サンタ追跡」を行なっているカナダ軍は、エスコートをするCF-18戦闘機のパイロットを任命して、カナダ上空におけるサンタの活動をサポートしています。その任務の様子をツイートしていました。

 「『離陸準備OK。いつでもどうぞ、サンタさん!』サンタクロースとトナカイたち、そして2機のCF-18のエスコートパイロットは、カナダの非公開の場所からの離陸を許可されました!」

 赤く光るルドルフの鼻が、まるで衝突防止灯(アンチコリジョンライト)のように見えますね。

Ready for takeoff when you are, #Santa!”
This just in: Santa Claus, his reindeer and two CF-18 escort pilots are cleared for takeoff from an undisclosed location in… #Canada! 🎄 🎅🏼🎄
Follow here: https://t.co/CchF6YmZEI #RCAF pic.twitter.com/7qNDtqJMj0

— RCAF (@RCAF_ARC) 2017年12月24日

■イギリス空軍は管制官がサポート 「サンタさん、進入経路に支障はありません」

 大西洋を渡ったイギリスでは、とあるイギリス軍の基地で起きた話を動画で紹介しています。イギリス空軍の管制官が、管制用スクリーンで担当空域での航空機の動きを監視していると、急に画面に雪が降りはじめます。



 「一体これはどういうことだ?」管制官は上官を呼んで、スクリーンを確認してもらいます。やって来た女性の少佐曰く「ああ、これはサンタよ」。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。