体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マグロの赤身と中トロをたっぷり載せた「マグロ丼」

12月22日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、名物グルメとお得な買い物が楽しめる市場巡りを特集したコーナーで、「ととんちゅう」(千葉県千葉市美浜区)が紹介された。

同店は、JR京葉線・稲毛海岸駅南口から徒歩30分程にある海鮮レストラン。千葉地方卸市場内にあるこちらで味わえる海鮮料理が好評だそうで、店の外に行列が出来る程の人気ぶりだ。
一番人気の「旬魚の日替わり丼」(1,080円/税込み)は、酢飯の上にマグロ、ホウボウ、あん肝、ブリなど新鮮な海の幸を堪能できる一品。毎月第2・第4曜日には、マグロのカマ焼きが付くそうだ。店内は市場食堂では珍しい禁煙となっており、女性や子供に好評なのだとか。お店で最もこだわっているの食材はマグロ。こだわりのマグロを使用した「マグロ丼ハーフ&ハーフ」(1,620円/税込み)は、ご飯が見えない程のマグロの赤身と中トロをたっぷり載せた一品だ。

池田沙絵美さんが「マグロ丼」を一口頂くと「脂身のダイレクトなうま味が中トロはとろけながらきますね…うま味が踊りまくってます口の中で」と絶賛していた。マグロ以外のメニューも人気で、「旬素材の日替わり定食」(1,620円/税込み)は、マグロ・サクラエビ・ホタテ・ネギトロが入った「刺身4点盛り」をはじめ、醤油、みりんなどで味付けした「ホウボウとホンビノスの生姜煮」やご飯、小鉢、汁物がついたボリュームのある日替わり定食だ。池田さんが「ホウボウとホンビノスの生姜煮」を一口頂くと「食べごたえもしっかりあって、白身魚にホンビノス貝のやさしい味が染みてるんですよ、まるごと食べられるって嬉しいですよね。なんか市場に来た!て感じがします」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ととんちゅう(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:海浜幕張のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:海浜幕張×和食のお店一覧
肉汁が溢れるほどのハンバーグ「数奇屋バーグ」
豚肉を使用したハンバーグ料理店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。