体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鶏のうま味を引き出した「醤油らぁ麺」

12月23日放送の「もしもツアーズ」(フジテレビ系、午後18時30分~)では、多くの文豪が愛した神奈川県・湯河原の最新スポットをおトクに旅した中で、「らぁ麺屋飯田商店」(神奈川県足柄下郡湯河原町)が紹介された。

同店は、JR東海道本線・湯河原駅から徒歩7分程にあるラーメン店。 連日行列が出来る人気店で、水と鶏だけで作る醤油ラーメンが味わえる。

番組では、お店のメニューとして「醤油らぁ麺」(850円)を紹介。ダシは比内地鶏、名古屋コーチン、山水地鶏を使用している。醤油だれはご主人が蔵を回って選び抜いた計6種類の生醤油をブレンドしている。水にもこだわりがあるそうで、逆浸透膜浄水器という機械で濾過した飲める水道水をさらに濾過し、極限まで雑味を取り除いた純水にしているそうだ。純水を使うことでダシが出やすく素材の味をそのまま味わうことができるのだとか。麺は店で作った自家製麺を使用。店主がブレンドした国産小麦5種類で作った中華麺はもちもちとした食感が特徴。麺を1分半程茹でたらスープの中にいれ、低温で10時間火を通した2種のチャーシューをトッピングし、鶏油をかけたら完成だ。

那須川天心さんがスープを一口頂くと「すげぇ!やばいですねこれ、本当にやばいですね!」と驚きの声を上げた。高田延彦さんがスープを一口飲むと「本当だ!こんなスープ飲んだことない」と驚いた様子。続いて麺を頂くと「麺って感じじゃなくてすぐ溶ける感じがしますね・・・すげぇ!感動しますね」と絶賛。「本当に衝撃ですね・・・本当に衝撃です!」とたまらない様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:らぁ麺屋飯田商店 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:湯河原・真鶴のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:湯河原・真鶴×ラーメン・つけ麺のお店一覧
肉汁が溢れるほどのハンバーグ「数奇屋バーグ」
豚肉を使用したハンバーグ料理店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。