体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“イケてる”レガシィツーリングワゴンで、家族とのお出かけ時間を楽しんでいます!

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?

▲今ではすっかりお出かけ好きのパパとなった遠藤さん。昔はそんなにアクティブではなかったという

▲今ではすっかりお出かけ好きのパパとなった遠藤さん。昔はそんなにアクティブではなかったという

今の車が僕を外に連れ出してくれたんです

もともとそんなに車に興味はなかったという遠藤さん。だが車好きの友人の影響もあり、だんだんと興味が出てきたのだとか。

遠藤さんの今の愛車、スバル レガシィツーリングワゴンには、金色に輝くアルミホイールや、音楽をたくさん録音できる後付のカーナビなど、随所にこだわりが見られた。

「自分なりになかなかキマッてると思ってるんですよ! でも、まさか自分が車に興味を持つなんて……」と笑って話してくれた。

遠藤さんが住んでいる福島県二本松市では、生活に車が欠かせないという。

誤解を恐れずに言えば、大変のどかな“田舎”なのだ。

そんな土地柄もあって、必要以上には出かけることはなかったそうだ。

▲この日は親子で公園へお出かけ。優駿君が成長するにつれて、一緒に行きたいところが増えているという遠藤さん

▲この日は親子で公園へお出かけ。優駿君が成長するにつれて、一緒に行きたいところが増えているという遠藤さん

しかし、レガシィツーリングワゴンを手に入れてからはとてもアクティブになり、出かけることが増えたという。

「こだわっている愛車だから、出かけることが楽しいんです!」と話してくれた。

息子の優駿君も、パパの“イケてる車“で、家族揃ってお出かけすることをとても楽しみにしている。特に、公園へパパと一緒に出かけるのが今のお気に入りだという。

平日は仕事も忙しく、なかなか優駿君と遊んであげることができない遠藤さん。休日の息子とのふれあいの時間を大切にしているそうだ。

愛車のレガシィツーリングワゴンは、遠藤さんをよりアクティブにしただけではなく、家族のふれあいの時間をも増やし続けているのだ。

スーパーへ買い物に行くような日常の足としても、家族で公園に遊びに行くようなふれあいの時間も、いつも欠かすことができない遠藤家の車。

今後もいろいろなところへ向かって走り続けるだろう。

▲取材した日は仕事で同席できなかった奥さんだが、後日家族の集合写真を送ってくれた

▲取材した日は仕事で同席できなかった奥さんだが、後日家族の集合写真を送ってくれた

どんなクルマと、どんな時間を?

スバル レガシィツーリングワゴン(4代目)と家族のふれあいの時間を。

より一層スポーティさを追求するために3ナンバーサイズとなった。エンジンの搭載位置を変更し、低重心化させた効果で、ヨーロッパプレミアムカーに匹敵する走りを実現した。スバル伝統の水平対向エンジンは吸気可変バルブ付き3Lを筆頭に、吸排気可変バルブ機構付き2LのDOHCツインスクロールターボ、吸気可変バルブ付き2LのDOHC、および2LのSOHCの4種類を設定

▲金色のアルミホイールがお気に入り。4WDのため冬場も安心して使える点も満足しているポイントのようだ

▲金色のアルミホイールがお気に入り。4WDのため冬場も安心して使える点も満足しているポイントのようだ

▲愛車との時間は……

▲愛車との時間は……この車を探してみる「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちらtext/編集部 神崎洋平

photo/伊藤芳貴

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる
「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちら

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。