体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“繋がる楽器”作りにこだわる、コルグのプロダクトプランニング、アプリ的ハードウェア開発とは?

融合し始めたソフトウェア、ハードウェアの人材とノウハウ

河村:今回は「ソフトウェアとハードウェアの垣根を超えた製品プランニング」をテーマに、「KORG Gadget」の開発を担当した福田大徳と語り合っていきたいと思います。

福田:現在、コルグで執行役員であると同時に、商品企画室長を兼務しています。入社直後は、開発部でコルグのヴィンテージ・シンセサイザーを再現した「KORG Legacy Collection」などソフトウェアのコーディングを中心に行なってきました。

2009年に開発チームのマネージャーになってからは、プランナーの仕事の比重も増えています。

株式会社コルグ 執行役員 商品企画室長 福田大徳氏

河村:コルグはハードウェアのメーカーからスタートしたので、当時はアプリの開発チームという存在自体が特殊でしたね。

福田:アプリ開発チームのメンバーはハードウェア開発の経験もあるので、音作りのパラメーター検討やユーザーインターフェースにおいて、発想の原点がハードウェアから持ち込まれることが多いです。

だから、世間一般で想像されるアプリらしいアプリを作ろうとしても、ハードウェア屋的なエッセンスがどうしても抜け切らないというか。オフィスでもそこら中にハードウェアが置かれていて嫌が応にも目に入ってくるような環境です。

河村:逆にアプリ開発チームがハードウェア開発チームに対して積極的に意見を出しながらMIDIコントローラー*のようなハードウェアを作るようなこともありましたよね。

MIDIコントローラー:MIDI規格を介して電子楽器やコンピューター等の音源を制御する入力装置。キーボード、パッド、スイッチなど様々な形状のものが存在する。

福田:それは、特定のアプリとのインテグレーションを前提としたハードウェアを考えるようなケースですね。

河村:「nanoKEY Studio」や「plugKEY」のような製品ですね。確かにハードウェアを作る人とアプリを作る人たちが同じ屋根の下で働いているので、そういったプロジェクトも割と頻繁に立ち上がっていますよね。

福田:日本のハードウェア楽器メーカーは歴史的にも世界で多く成功を収めていることもあり、国内でも存在感は強かったのですが、僕が影響を受けたのはむしろ海外のソフトウェアメーカーでした。

どうして日本のメーカーはDAW*やDAW用プラグインを積極的に作らないのかなとか、そういう素朴な疑問を抱えていました。入社したのは、コルグがプラグイン開発をしていることを知ったのがキッカケでした。

河村:それまではコルグの社員もシンセサイザーやチューナーなどへの憧れを持った人が多かったように記憶しています。コルグでも本格的にアプリ開発に着手し始めたのは、ちょうどその辺からでしたもんね。

それ以降、アプリに接しながら育った若手社員も入社し、製品に対する会社の考え方も随分と変わってきました。最近は真空管アンプやアナログシンセなどのノウハウがアプリ開発に持ち込まれたり、ちょうど面白い時期に差しかかっているように思います。

DAW:Digital Audio Workstationの略。パソコンやスマートデバイス上で動作する作曲プラットフォームであり発音、録音、編集、オーディオデータ化など曲制作に必要な機能を備える。DAWの登場以降、ユーザーにとって作曲環境が一気に身近になった。

楽器同士が繋がることで生まれた今の音楽シーン

河村:楽器は、80年代から有線のMIDIという規格を通じて異なる種類、メーカーの楽器同士が繋がってきた歴史がありますよね。楽器同士が繋がることで新しいアウトプットが生まれ、それによってユーザーの振る舞いも変化し、さらに楽器の形も変化する。そんなインタラクティブな変化を繰り返してきました。

それ自体が音楽業界全体の発展に大きく貢献したことには疑いの余地はないですし、そのような経験からもIoTの動向は興味深いなって思うようになりました。だからそのこと自体はポジティブに捉えています。

福田:MIDIは、同期信号などのごく部分的なデータでの受け渡しでしかなかったのに対して、IoTの時代にはデータを集めたり、クラウドにアップしたりも可能です。さらにMIDIよりもずっと飛躍した次元の別世界がやってくることを期待しています。

河村:複数のモノが同時に利用されることによる同時性の影響力は無視できないほど大きいですもんね。だから楽器を作る人たちも、人やモノ単体だけではなく環境を見ようとしてきました。

とはいえ、その際にも繋がるモノは所詮、楽器という限られた範疇でした。IoTでは、業界の枠組みを超えたモノとモノが繋がった後の可能性にみんなが期待をしています。何が起きるか想像できないことへのワクワク感も大きいです。

ゼロベースのアイデアは存在しない

河村:ネット環境が当たり前になった今、プランニングにおいて僕たちがこれまで重視してきた市場から得られる情報の希少性や価値は下がっていますよね。

福田:誰もが情報を得られる時代において、完全なゼロベースのアイデアというのもなくなってきましたよね。同じアイデアを考えている人は世の中にはたくさんいるという前提に立って物事を考えるようにしてきました。

河村:今さら、新しいニーズというものはなくて、一見新しそうなものであっても結局は、過去のニーズが違ったカタチに見えていたり、既に存在する複数のニーズが組み合わさっていたり、ニーズを実現するシチュエーションが違うだけだったりしますからね。

福田:作り手の僕らもプランナーかつアレンジャー的な振る舞いに比重を置くようになってきましたよね。

河村:テクノロジーが発達して情報やアイデアが繋がりやすくなってきたので、そもそも無関係な業界というものも無くなり始めていますよね。

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。