体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トラベル用『Shupatto ボストンバッグ』、大ヒットの“一気にたためるバッグ”に新ラインナップ登場!

海外旅行などに出かけるとき、大きなスーツケースを持って旅立つ人が多い。しかし、旅先でお土産などを買いすぎると、スーツケースひとつでは収まりきらなくて困った経験があるかもしれない。そんなとき、荷物の邪魔にならずに忍ばせておくと便利なのがトラベル用バッグ『Shupatto(シュパット) ボストンバッグ』だ。一気に小さくたためるため場所を取らないと評判のボストンバッグを使ってみた。

 

折りたたみの手間が劇的に少なく、しかも広げると22リットルの大容量

旅行先では、何かと荷物が増えることが多いもの。そんなときに役立つのが、生活雑貨メーカー株式会社マーナ(東京都墨田区)から発売されたShupatto ボストンバッグ』(バッグ使用時サイズ/約幅46×高さ35×奥行き17cm、 折りたたみ時サイズ/約幅11×高さ16×奥行き9cm、耐荷重/15kg、希望小売価格/税別3,980円)だ。

 

この「Shupatto」シリーズは2015年11月に買い物に便利な「コンパクトバッグM」が発売されて以降、「コンパクトバッグL」「ショルダーバッグ2Way」「リュックサック」「ポケッタブルバッグ」と次々に新製品を発売。現在、実に約2分に1個売れているという大ヒット商品シリーズなのだ。そして、このたび新たにボストンバッグ型の同商品が発売された。

 
あわせて読みたい:『Shupatto コンパクトバッグM/L』素早くたためて胸キュンデザインのエコバッグに、テンション上がる!

 

商品パッケージには、折りたたんだ状態から広げた状態のサイズ感がわかりやすく描かれている。

 

まずは、メーカーがYouTubeに投稿した『Shupatto ボストンバッグ』の折りたたむ手順を見ていただこう。

早送りとなってはいるが、実にわかりやすく、しかも簡単に折りたためることがわかってもらえたかと思う。

商品名のとおり、シュパッと引っぱってクルクルとたためば、あっという間に小さくなるところがいい。たためて小さくなるバッグはこれまでも売られていたが、たたむのに手間がかかって、とても便利とはいえない物が多かった。

こちらが折りたたんだ状態。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy