体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知って得するエアコン節約術|電気代なんて怖くない!

知って得するエアコン節約術|電気代なんて怖くない!

夏と冬に大活躍するエアコンは、電気代も上がりがちですよね。そこで、エアコンの電気代を節約する術をご紹介。エアコンの設定温度や扇風機を併用するなどお手軽な節約術ばかりなので、ぜひ挑戦してみて。

教えて!エアコン節約の疑問

© PIXTA

暑かったり寒かったりする時期は、快適に過ごすためにエアコンを使う方が多いでしょう。しかし電気代を考えると、できるだけ節約したいものですよね。ここでは、エアコンの節約ポイントをご紹介します。

 

エアコンの消費電力の割合とは

そもそも、エアコンは、どれくらい電気を消費するのでしょうか。
経済産業省 資源エネルギー庁がまとめた「家庭エネルギー消費の実態」によると、一般家庭で消費する電気のうち、電気冷蔵庫=14.2%、照明器具=13.4%、テレビ=8.9%、エアコン=7.4%・・・という並び。
通年使う家電の中に、ほぼ夏と冬しか使わないエアコンがまぎれているということは、消費電力の多さを物語っています。
ちなみに、メーカーや商品にもよりますが、一般的には冷房運転と暖房運転を比較すると、暖房運転の方が消費電力は大きいと言われています。

・参照:経済産業省 資源エネルギー庁「家庭エネルギー消費の実態」

 

つけっぱなしは節約になるのか

「エアコンの電源はこまめにきる」と「エアコンはつけっぱなしにする」どちらが節約につながると思いますか。実は、後者の方がエアコン代の節約になります。エアコンが最も多く電気を消費するのは、室温と設定温度の差が大きい運転開始直後。そのため、短い時間で電源のON・OFFを繰り返すと電気代がかさんでしまうのです。30分~1時間程度の外出なら、エアコンをつけっぱなしにした方がいいかも。

 

冷房と除湿はどっちがお得?

エアコンの冷房と除湿を比較すると、実のところ設定温度が同じであれば消費電力は変わりません。
ただし、一部のエアコンで採用されている「再熱除湿」という除湿機能の場合は、冷房運転より消費電力は大きくなります。

 

エアコンの節約術

エアコンの電気代の節約術についてご紹介。
どれもすぐ実践できる節約アイデアばかりですよ!

 

【エアコンの節約術1】設定温度と風向きに気をつける

暖房は設定温度20〜22度、冷房は28度がおすすめ。
また、あたたかい空気は天井にたまりやすい傾向があるため、床からあたため始めると効率的に部屋があたたまります。風向きは床に向かって空気が流れるように設定しましょう。
また、部屋の湿度が高いと体感温度も高くなる傾向にあります。暖房を使うと部屋は乾燥しがちになるので、乾燥を補う意味でも加湿器などで湿度を調整しましょう。

 

【エアコンの節約術2】扇風機やサーキュレーターを併用

エアコンの設定温度を変える以外に、扇風機やサーキュレーターを併用すると節電効果を期待できます。
空気はあたたかいと上に、冷たいと下にたまる傾向があるため、扇風機を使って空気を循環させれば、部屋の室温にムラがなくなるという理屈。
また、夏にエアコンと扇風機を併用する場合は、扇風機の前に水を入れて凍らせたペットボトルを置いてみてください。冷えた空気を部屋に拡散できるので、より涼しさを感じられます。

 

【エアコンの節約術3】フィルターはこまめに掃除する

© PIXTA

エアコンを使う場合はフィルターをこまめに掃除しましょう。
フィルターが汚いと空気の通りが悪くなって部屋の温度も変わりにくくなり、余計に電気代がかかるためです。
また、汚いフィルターの場合、カビ・細菌などを部屋に拡散させてしまう恐れも。

 

【エアコンの節約術4】室外機に負担をかけない

エアコンの室外機に負担をかけないことも重要な節電のポイントです。室外機の上や吹き出し口のそばにものを置いたり、カバーをかけたりするのは避けましょう。機械自体の動きが悪くなるので、消費電力が増えるほか、思わぬ故障に繋がる可能性も。

 

【エアコンの節約術5】季節に合った体温調整をする

エアコンの温度を操作する前に、洋服や便利グッズなどで体感温度を調整するのも節約テクニックのひとつ。
冬は重ね着をしたりレッグウォーマーをはいたり、夏は首や手首などに冷却シートを貼ってみるのもいいでしょう。
地味なアイデアにきこえますが、こうした積み重ねがエアコンの節電につながるはずです。

 

いかがでししたか? エアコンは便利な反面、やはり電気代が気になるところです。しかし少しの工夫で電気代をおさえられます。ここで紹介した節約術を普段の生活にぜひ取り入れてみてくださいね。
西池笹子(にしいけ・ささこ)

日本FP協会認定AFP。普段は都内の会社で働きながら、週末だけファイナンスに関するコラムを執筆。「わかりにくいことを、わかりやすく説明する」のがポリシー。得意分野は保険や税金周りの話。一方、投資の話はあまり得意ではなかったので、最近勉強をスタート。節約は好きだけど、ケチは嫌い。

知って得するエアコン節約術|電気代なんて怖くない!
こちらの節約術もいかがですか?

関連記事リンク(外部サイト)

水道代を節約するお手軽テク12選【完全保存版】

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。