体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

「どれくらいの時間、息を止めていられるか」

どうでもいいといえばそれまで。だけど、プールやお風呂場で競った経験がある人も多いはず。「Cut.com」は、100人に一斉に息を止めてもらい、どれくらいその状態を保っていられるのかを動画で検証しています。

みなさんはどれくらい自分が息を止めていられると思いますか?予想しながら、結末を見てみましょう。

それぞれの予想時間は?

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

検証を始める前に、参加者の皆さんに予想を聞いていきます。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

10秒くらいじゃないかな。

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

僕はフルート奏者だから、そこそこ自信があるよ。

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

1分半くらいじゃないかな。

それぞれ予想してもらったところでスタート!

最短で6秒!
予想は当たりましたか?

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

まず、6秒台で脱落したのがこちらの男性。

まあ最長のうちのひとりなんじゃないかな?

残念ながら最短です。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

10秒台での脱落者もちらほら。

酸欠になりそうだわ。

お疲れ様でした。ゆっくり深呼吸してくださいね。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

10秒くらいと予想していた彼女は20秒を記録。

この辺りから徐々に限界を迎える人が増えてきます。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

フルート奏者の彼は34秒で脱落。

平均より少し上と言ったところでしょうか。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。 1分間を超える人も続々と出てきます。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。 さすがに顔が真っ赤になりますよね。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

こちらのお二人は自分の記録に満足のご様子。

果たして最後まで残るのは?

観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

そして1分30秒を超えるころ、挑戦者は最後の二人になりました。

検証が始まる前の質問で「1分半くらい」と答えていた男性は自分の予想を超え、もう一人の女性も一切表情を変えることなくたんたんと時間が過ぎるのを待っています。

そして…観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。 1分36秒で女性が脱落!観終わったあと、ゼッタイに「ストップウォッチ」を手にしてしまう動画。

最長を記録したのはこちらの男性で、タイムは1分41秒でした。

だいたい思った通りだね。

と涼しい顔でコメントします。すごい肺活量!

自分のタイムが気になった人も多いのではないでしょうか。ぜひストップウォッチで測ってみてください。1分41秒を超える人は、相当な強者ということができるでしょう!Licensed material used with permission by Cut.com,YouTube,Facebook,Twitter

関連記事リンク(外部サイト)

約5,678リットルのコーラでプールを作ってみた(動画あり)
こんなに不快な動画を観たことある?もう「イライラ」が止まらない。
緻密な計算はないけれど、これはこれで見てしまう「逆再生動画」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。