体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

我が家の白猫はあわてん坊のサンタクロース #ねこのひげ

「ねこのひげ」。それは猫にとって、欠かせないもの。

平衡感覚を保ったり、周囲を感知したりするのに、とても大切な役割があると言われている。

当連載では、アーティストでありライターのJunko Suzukiにとっての「ねこのひげ」を紹介していきます。

12月1日に新しくオープンしたばかりの「KLT Gallery Store」。

赤い写真たち、ホリデーコレクションのイメージを撮影したのは、本当にオープン直前のこと。

ジュエリーの撮影は、じつは未知の領域。なぜって、人はもちろん、普通のものと比べて遥かに小さいのだ。

そうなると、ライティングとかセッティングが違うし、レンズの使いかたも変えてみないとうまくいかない。新しいレンズを購入する余裕もなくて、四苦八苦しながら撮影をおこなう。

ひとりで作った赤いセッティング。たびたび猫に邪魔されて、ペーパーをぐしゃぐしゃにされたりしながらも、まるでクリスマスの小部屋ができたような雰囲気が気に入って、25日までとっておくことにした。

家がスタジオになっている醍醐味

20171224_nekonohige02.jpg

先日、白猫から「不意打ち」にプレゼントを受け取った。

1時間前まで、黒猫の協力をいただきながらInstagramにポストするための写真撮影をしていた。

撮影はブログ初期からずっといまの家で撮影し、それなりに機材も増えてきた。猫さまの住まいでもあり私のスタジオでもあるのが我が家。

写真を撮るときに猫がいるのは、偶然のことも多々あるのだが、我が家のお猫さまたちはずいぶんと撮影慣れしていて、カメラを構えると私の様子をうかがったりする。

今回は、黒猫姫に撮影について日本語で説明し、「ここに座っていてください」とお願いした。

通じてるのかどうかは不明だが、ありがたいことに、1分くらいは言うことを聞いてくれたりする。

以前、「美術手帖」の誌面撮影に協力したときは、飼い主の私が呆気にとられるほどの女優魂を見せつけた。

スタジオに入るなり圧巻の愛想の良さ。にゃあにゃあと甘い声で鳴いて、スタッフさんに挨拶回りをするのだ…。

「プロの猫さんですか?」と聞かれて上機嫌のお姫さま。そんな腕前の持ち主である。

まぁ、猫ですから、ずっと座ってなんてくれなくて、勝手に歩き出しちゃうんだけどね。その様もかわいかったりして…(笑)。

赤と緑と白といえば…

20171224_nekonohige03.jpg

3回くらい座ってもらったら、いい写真がいくつか撮れたので、ご褒美のささみをあげて、ホクホクと2階のデスク前に戻り、レタッチ & 原稿メールを送る。

よしよし、順調です! と1階へ戻って出かける準備をしようとコートを手に取ると、白い丸が目に入る。

さっき、黒猫さまに座ってもらった場所に、「僕も座るんだもん!」と言わんばかりに、白猫が場所を陣取っていた。

一面に広がる赤、つやつやの新しいダークグリーンのバッグ、となりに現れた白い丸。

思わずiPhoneを構えて撮影した。

予測不能のキザ野郎か、はたまたあわてん坊か

20171224_nekonohige04.jpg

使う予定もない愛らしい写真がたくさんカメラロールを占拠する。

その写真を満足気に眺めながら、ふと思い立つ。私はいま、この予期せぬ事態に大きなよろこびを噛み締めていることを。

予想通りじゃないからうれしいの。便利なことだけじゃよろこべないの。使えなくてもいいの。無駄ってことも価値の証だったりもして。

君がした、その無意味な、おねーちゃんのマネは、なかなか作れるものじゃない。偶然性が生んだ、とってもナイスなプレゼント。

毎日のように新しいものに出会う私をよろこばせるなんて、なんて技の持ち主だろうか。

20171224_nekonohige05.jpg

白猫からのメリークリスマス。

なかなか気の利いた男だと、我が猫を誇らしげにひと撫でして出かけた。

帰宅後。赤い布が真っ白になっていたのは言うまでもない。

サンタクロースはやっぱり、人でも猫でもあわてん坊らしい。

>>連載「ねこのひげ」を読む

■ あわせて読みたい

Junkoとイッパイアッテナ #ねこのひげ
黒豹に憧れ続けて30年。ようやく手に入れたのは… #ねこのひげ

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。