体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンタクロース公認試験には“サンタ語”があるらしい

サンタクロース公認試験には“サンタ語”があるらしい
J-WAVEで放送中の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。12月23日(土)のオンエアでは、マンボミュージシャン、マン盆栽家元、会員制餃子レストラン「蔓餃苑」オーナーシェフ、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース、ミリオンマイラーなど、数々の肩書きを持つ、パラダイス山元さんをゲストにお迎えしました。

山元さんは1962年北海道生まれ。1991年に音楽ユニット「東京パノラママンボボーイズ」のパーカッショニストとしてデビュー。その後、音楽活動の他にも、盆栽をフィギュアなどでデコレーションして楽しむ「マン盆栽」や、会員制餃子レストランのオーナーシェフを務めるほど大好きな餃子のレシピ開発など、幅広く活動されています。

葉加瀬は山元さんの肩書があまりに多いので混乱している様子で…。

葉加瀬:山元さんの肩書っていうのが…マンボミュージシャンは分かりますよ。サンタクロース協会公認サンタクロース?
山元:それは、グリーンランドの国際協会があって、アジアで僕ひとりだけなんですよね。
葉加瀬:ちゃんと申請するんですか?
山元:申請というか、試験があって。今はだいぶ緩和されたんですけど、体重が120kg以上でサンタクロースらしい体形であること。さらに、結婚していて子どもがいて、複数いれば望ましいとかいろいろあって。
葉加瀬:(笑)。
山元:さらに、煙突のぼりとかクッキーの早食いとかね。そして、ちゃんと資格として、トナカイのドライバーライセンスもあって、最終的には面接で「ホーッホッホッホッ」っていうサンタ語のトーク試験があるんですよ。これ、普通のアナウンサー試験より難しいですよ!

サンタクロースになるための試験内容を聞いて、葉加瀬はおかしくてたまらない様子でした。

続いて、山元さんの「ミリオンマイラー」という肩書の話題になりました。

山元:ANAの飛行機とかにたくさん乗ってると、いろんなタグが送られてくるじゃないですか?
葉加瀬:はいはい。
山元:「生涯マイル=100万マイル」とか送られてくるから、その肩書を名乗ってますけど。僕は飛行機に乗るのが好きですね。飛行機でたまたま行き帰りが一緒だった人が、マイルの貯め方や魅力などを丁寧にレクチャーしてくれたんです。
葉加瀬:へぇ。
山元:飛行機をたくさん乗っているうちに、自分は何が本当に好きなのかを冷静に分析し始めたんですよ。乗ってきた飛行機が着陸して、その3、4時間後にまた出発するんですけど、僕はまたそれに乗って帰ってくる。
葉加瀬:(笑)。
山元:空に浮いてる時間が1番。

山元さんは、年間最多搭乗回数がなんと1022回! 1日の最多搭乗回数は10回以上だそうです。それについて葉加瀬は「コメントのしようがない(笑)」とこれまた爆笑。それを聞いた山元さんは「葉加瀬さんは理解してくれると思ってたのに意外だな〜」と残念がっていました(笑)。

様々な肩書を持つ山元さんの活躍にこれからも注目です!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURRENT」
放送日時:毎週土曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy