体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

感激する関東地方の名物料理まとめ

感激する関東地方の名物料理まとめ

関東の鰻は背開きで蒸しを入れて柔らかくと言います。日本のあちこちでとれていた鰻も江戸文化のもとで洗練されたものになりました。

東京には今世界中から料理が集まってきて、世界の有名料理は何でも食べられそうですが、そんな料理には負けない、地元で愛され、外国から来た人をも魅了する料理を御紹介しましょう。

*編集部追記
2015年6月公開の記事に、新たに2品を追加しました。

 

関東地方の食事事情

photo by pixta

日本の首都である東京を含む関東地方は、築地の新鮮なお寿司や月島のもんじゃ焼きなど、全国からファンが集まる有名なグルメスポットがたくさんあります。関東地方は街の規模が大きいので、その分お店もたくさんあり、日本料理だけでなく、中国、韓国、エスニック料理など世界各国様々なグルメが堪能できることも魅力です。

また東京以外にも、横浜中華街などは街のユニークな雰囲気も相まって、非常に人気が高いですよね。さらにコシと弾力がある水沢うどん、市内には200以上の店があると言われる宇都宮の餃子など、庶民的なグルメが楽しめるのも素晴らしい!

関東地方には全国的に有名なグルメスポットがたくさんあるので、食べ歩き観光をしてみるのも楽しそうです。

 

ベストフード

photo by pixta

私がおすすめするのは、外国人観光客からも人気が高いスポット・築地で食べる新鮮なお寿司です。築地で入荷されたばかりの新鮮な魚を使った旬のお寿司は、まさに絶品です!

行列ができるお寿司屋さんも多く、いわゆる老舗からワインが似合うおしゃれな店まで、目的に合わせて様々なお寿司屋さんを選べるのもまた嬉しい!まぐろの専門店などもあり、新鮮な素材にこだわった寿司職人の気迫が伺えます。

 

江戸前

8983087384_1741b83eb1_b

photo by Richard, enjoy my life!

10769843854_e0419b8ba2_b

photo by Richard, enjoy my life! 

江戸前というのは前の海、つまり東京湾でとれた魚介のこと。コハダ、海老、アナゴなど新鮮なものを握り寿司にしたり、天ぷらにして食べるのは江戸以来の文化でしょう。

神田の「満寿家」はレトロなお店でウナギが食べられ、本所吾妻橋なら「鰻禅」がリーズナブルです。

寿司は築地まで出かけると新鮮なものが安く食べられます。「寿司大」や新富町の「はしもと」あたりが行きやすいです。

天ぷらも築地の「なかがわ」や三ノ輪の「土手の伊勢屋」がおススメです。

 

下町情緒

8195356225_d8e778dc59_b

photo by ivva

10817449873_5b490534ef_b
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy