体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープのKDDI向け「ISW16SH」とNTTドコモ向け「SH-09D」がWi-Fi Allianceの認証機器リストに登場

シャープが今年の夏モデルの新機種として開発しているスマートフォンと思われる「ISW16SH」と「SH-00D」がWi-Fi Allianceの認証機器リストに掲載されました。「ISW16SH」はおそらくKDDI向け。このメーカー型番と見られる「CDMA_SHI16」がすでに総務省の工事設計認証を取得しており、そ認証情報からWiMAXにも対応することが明らかとなっています。WiMAXにも対応するスマートフォンのようです。Wi-Fi Allianceに対しては2.4GHz帯に加えて5GHz帯でも申請が行われています。

「SH-09D」はそのモデル番号からNTTドコモ向けと見られます。Xi対応の「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」という話がありますね。Source : Wi-Fi Alliance 



(juggly.cn)記事関連リンク
NFCタグ「Xperia SmartTags」のAndroidアプリがアップデート、新アクションが5種類追加、Android 4.0もサポート、
Android用Skypeアプリがアップデート、チャット画面のデザインが一新
Xperia U ST25iがFCCを通過

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。