体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。12/25-12/31の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 12/25-12/31の運勢

1・水の星の人
12月の全体運
物事の変化が起こりやすい月です。また、それは、自分自身の心はもちろんですが、取り巻く環境や身近にいる人に起こる可能性も高くなっています。
幸運を招く方角 東南
ご利益フード  ガイヤーン

今週の運勢(12/25~12/31)
自分の身近にいる人たちとのパートナーシップを大切にしたいタイミングです。日常的にあなたがもっとも長い時間を共有している人たち、たとえば、家族やパートナー、友人、同級生、同僚などとの心の結びつきを何より最優先に考えて行動するのが良さそう。そういった人たちと過ごすことで、お互いに対する信頼感が増したり、自分自身、頑張れる勇気を貰えそうです。
25日は考えが深くなりそう。とことん向き合って、納得がいくまで追求してみるのも良さそう。「気づき」がありそうです。29日は責任感を大切にしたい日。あなたの考えを理解してくれる人や、支持してくれる人、バックアップしてくれる人があらわれる可能性も高そうです。31日はラッキーデー。交際運が絶好調です。家でのんびり年越しするのも良いけれど、人が多く集まる所に出かけることをオススメします。

2・大地の星の人
12月の全体運
頂上運の月です。物事が表面化しやすくなっています。また、人から注目されるような機会もあるかもしれません。感情面でのコントロールをはじめ、自己管理能力を高めておくことが必要になりそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  油淋鶏

今週の運勢(12/25~12/31)
心の安定が運気の安定につながっていくことになりそうです。心を広く、穏やかな気持ちでいれば、嬉しいことが起こりそうな予感。もしも、人間関係において、イライラ、カリカリ、神経をすり減らすようなことがあっても、その場では表に出さないようにするのが良さそう。今は、ケンカやいざこざを起こすよりも、平和に過ごした方が得策のようです。もしもストレスが溜まってしまったら、早めに対処することが大事。自分の好きなことをしたり、身体を動かしたり、自分なりに発散できる方法で、スッキリさせるようにしましょう。
25日は交際運の良い日。誠実でいる、ということが何よりの武器になりそうです。信頼関係を何より大切にするようにしたいです。30日はラッキーデー。努力の成果が出やすくなっています。何事に対しても一生懸命に取り組みましょう。

3・雷の星の人
12月の全体運
自分自身と真摯に向き合いたい月です。ここで人知れず努力を重ねたり、徳を積むことが必要になります。あなたの「人間力」や「底力」のようなものが問われるタイミングのようです。
幸運を招く方角 北東 南西
ご利益フード  参鶏湯

今週の運勢(12/25~12/31)
邪心が出やすいときなのですが、謙虚な気持ちからハッピーが生まれるタイミングです。よって、もしも、我先にといった考えや、自分さえ良ければといった思考が芽生えたら、自分自身を諌めることが必要かも。他人と自分、それよりも、自分の問題、自分だけのことに集中するのが良さそう。趣味に一生懸命になるのも良いし、資格の勉強をするのも良さそう。部屋をきれいにするのもオススメです。
26日は誠実でいるように心がけるのが良さそう。下手に嘘をついたり、ごまかすと、のちのち大きな問題に発展しそうです。自分自身に対しても他人に対しても、正直でいれば、幸せが訪れそうです。29日は気持ちの面で変化がありそうな予感。思いきった方向転換もアリかもしれません。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。