体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【暴行事件】暴力男ボブサップから6年間も流血DVされ続けた女性 / その壮絶な証拠写真を公開

bob-sapp5

格闘家として、バラエティ番組の出演者として、ときには漫画のキャラクターとして人気を博しているボブサップ(44歳)。筋肉質なボブサップは体重145キロ、身長2メートルという巨漢だ。

そんなボブサップから6年間も流血DVをされ続けた女性Aさん(39歳)から、DVの証拠写真を入手し、その時のようすを聞くことができた。

・Aさんに対して激しい暴力や怒り
Aさんがボブサップから暴力を受け続けた期間は、2010年年末から2017年1月まで。それはAさんとボブサップの交際期間と重なり、補佐として彼のマネージメントをしていた期間でもある。Aさんの手腕によって多くの仕事が入るようになったボブサップだが、突然、Aさんに対して激しい暴力や怒りをぶちまけるようになる。

・ボブサップから経済的DV
殴る蹴るだけてでなく、地面への叩きつけられたり、飲料水の缶や瓶を投げられたり、あらゆる方法で暴力を振るわれ続けた。Aさんは「毎日のように脳震盪になっていました」と語る。さらにAさんを怒鳴り続け、罵る言葉で責めるなど、そのDVの手法は暴力以外のものも含まれる。

すぐさま警察に通報したり、ボブサップから離れて避難すべきところだが、暴力を振るわれる日常に麻痺してしまい、さらに忙しさもあって、思考停止状態になっていたという。また、ボブサップから経済的DVを受けていたため、逃げるお金や日常的に使えるお金すら、まともに持てなかったという(この件に関してはまた別記事にて報じる予定である)。

bob-sapp6
bob-sapp7
bob-sapp8

・どれほど酷い暴力だったのか
日常的にDVを受け続けたAさんだが、激しい流血やケガをしないかぎり病院に行かなかったという。いや、暴力がある毎日に洗脳され「行けなかった」と表現する方が正しいかもしれない。

Aさんが残しているアザや傷の写真の一部をこの記事に掲載する。ボブサップの行っていた行動がどれほど酷いものだったか知ってもらうため、そして世の中にはDVに苦しむ人たちがいることを知ってもらうためだ。

bob-sapp9
bob-sapp10
bob-sapp11

・痛々しいホテル流血事件
特に極悪なエピソードが、ホテル流血事件だ(凶悪すぎるので「事件」と表現させていただく)。2013年7月12日午前2時ごろ、ボブサップからAさんに対して3日間も殴る蹴るの暴力が続いて流血。すぐさま縫わなくてはならないほどの傷を負ったが、ボブサップは接着剤を患部に塗って止血を試みた。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。