体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白バイの新旧モデルで違う取り締まりの走行性能

白バイの新旧モデルで違う取り締まりの走行性能

白バイと一口にいっても、いくつかの車種が存在しています。しかも、白バイは新旧モデルで交通違反の取り締まりの走行性能も違っているのです。そこで、ホンダとヤマハの現役の白バイの新旧主力モデルと最新モデルをピックアップ。それぞれどのような特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

白バイの主力はマイルドな乗り心地

現在、主力となっている白バイはホンダの「CB1300P」です。2009年から導入を開始しました。ベース車がツアラーなのでホイールベースが長く、車重も重め。マイルドな乗り心地です。とはいえ、取り締まり時のターンは白バイ隊員の高い運転技量もあって迫力があります。

直列4気筒エンジンを搭載したホンダの白バイは、1986年のCBX750P以来。ごく一部に配備されたGL1500Pを除けば、ホンダ初の1,000ccを超える全国配備の白バイです。

それまでの主力車種だったのがホンダの「VFR800P」。先代のVFR750Pに代わり、2001年の導入から2008年まで調達された現役最古参の白バイです。片持ちスイングアーム「プロアーム」とV型4気筒エンジンを採用しています。

白バイがUターンから取り締まり

現行のCB1300Pよりもレーサーライクな乗り味で、軽量でコンパクトな車体は取り回しにも優れています。白バイならではの交差点でのUターンからの取り締まり追尾も得意で、対向車線にいたとしても注意が必要です。

少数配備の最新モデルの白バイがヤマハの「FJR1300P」。2014年の採用で、1993年のFZ750Pから数えて、22年ぶりのヤマハの白バイとなります。警視庁や福岡県警などに配備されている希少な白バイです。

前面の警光灯は回転灯ではなく、LEDの点滅灯で構成されています。市販車で289kgの車重は、白バイ装備でさらに増加。この条件で白バイ隊員からの支持が厚い、ホンダ白バイの牙城を崩せるかがポイントでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。