体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジューシィ・フルーツ、2018年のバレンタインデーにニューアルバムを発売

「ジェニーはご機嫌ななめ」などのヒット曲で知られる、日本を代表するニューウェイブバンド、ジューシィ・フルーツが、2018年2月14日(水)のバレンタインデーにニューアルバム『BITTERSWEET』をリリースする事と、最新のアーティスト写真を発表した。
ジューシィ・フルーツ (okmusic UP's)

ジューシィ・フルーツは近田春夫氏のバンドだったBEEFを前身として1980年に結成。デビュー曲『ジェニーはご機嫌ななめ』は、テクノ風アレンジと、リードボーカル・イリアのファルセットボイスでも注目され、オリコン最高位5位、37万枚のヒットを記録。その後も「恋はベンチシート」など数々のヒット曲を生むが、1984年に惜しまれながら解散。しかし、2013年からジューシィ・フルーツとして単発的にライブ活動を再開。当時からのファンだけでなく、新しいファンも急増する中、11月5日(日)に赤坂グラフィティにて行われた単独ライブにてニューアルバムの制作を発表した。

そして、予告通り完成したアルバム『BITTERSWEET』は、オリジナルメンバーの柴矢俊彦がプロデュースを担当、生みの親でもある近田春夫書き下ろし楽曲「ラニーニャ 情熱のエルニーニョ」を含む全10曲を収録。他にも「恋はベンチシート」の続編「ハイブリッドその後」や、「ジェニーはご機嫌ななめ」を彷彿させるファルセットボイスが耳に残る「ラグジュアリーなおじさん」など、バラエティに富んだ一枚となった。リードボーカルのイリアは「色々なタイプの曲が入った自信作です。新生ジューシィ・フルーツの酸いも甘いもかみ分けた味を楽しんでください」と語るなど、聞き逃せない一枚に仕上がっている。

また、アルバム発売を記念して単独ライブの開催も予定している。新生ジューシィ・フルーツの新しい活動に注目だ。
アルバム『BITTERSWEET』
2018年2月14日発売

VICL-64913/¥2,778+税

※初回プレス分のみ「ジューシィ怪人カード」封入
ジューシィ・フルーツ ワンマンライブ『BITTERSWEET TIME』
2月24日(土) 吉祥寺 Rock Joint GB

OPEN 18:30/START 19:00

<チケット>

前売り 4,000円/当日 4,500円

予約受付メールフォーム https://www.rjgb.tokyo/reserve

予約は12月27日(水)22:00からメールのみで受付開始致します。1メールにつき2人までご予約を承ります。電話予約・店頭予約は行いません。また、12月27日22:00以前に届いたメールは自動的にキャンセルとなります。
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。