体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戦争に飲み込まれていく若者たちの青春を描いた、大林宣彦監督の最新作

1712243

大林宣彦監督が、1977年のデビュー作『HOUSE/ハウス』より以前に書き上げていた脚本を映画化した『花筐/HANAGATAMI』が公開中。

1941年の春、佐賀県唐津に暮らす叔母の元に身を寄せることになった、17歳の榊山俊彦。アポロ神のように雄々しい鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら学友たちと“勇気を試す冒険”に興じ、青春を謳歌する俊彦だったが、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。利彦は「殺されないぞ、戦争なんかに!」と、自らの魂に火をつけようとするのだが――。

三島由紀夫が小説家を志すきっかけになったという檀一雄の純文学「花筐」を原作に、大林監督が『この空の花〜長岡花火物語』、『野のなななのか』に続く“大林的戦争三部作”の最新作として手がけた本作。戦争が迫る時代を懸命に生きる若者たちの姿を通して、今を生きる私たちに問いかけるメッセージとは?

花筐/HANAGATAMI
監督:大林宣彦
出演:窪塚俊介、満島真之介、長塚圭史、柄本時生、矢作穂香、山崎紘菜、門脇麦、常盤貴子
(2017年/日本)
公開中
©唐津映画製作委員会/PSC 2017
http://hanagatami-movie.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。