体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京さんぽ】火の神様を祀る 虎ノ門「愛宕神社」で御朱印をもらおう

パワースポットである神社で、御朱印をもらうおさんぽ企画。今回、エリーが訪れたのは、六本木からもアクセスしやすく観光におすすめの愛宕神社。

IMG_0649

日比谷線「神谷町駅」から徒歩5分、銀座線「虎ノ門駅」と都営三田線「御成門駅」からは徒歩8分というアクセスのよさで、仕事の合間にふらりと立ち寄れるのがうれしい! 徒歩20分と、ちょっと歩くけれどJR「新橋駅」からも訪れることが出来ます。

0Q0A0108

神社に到着してまず驚くのが、この長—い石段。こちらは「出世の石段」と呼ばれており、江戸時代に馬でこの急な石段を上り下りしたことで出世の道を掴んだ曲垣平九郎の故事にちなんだものです。かなり急で登るのがたいへんだけど、この石段を登るだけでも御利益があるので、是非チャレンジしてみて! ちなみに、エレベーターもあるので体力に自信の無い人はそちらを利用しましょう。

0Q0A9960

愛宕神社がある愛宕山は、標高25.7メートルと23区でいちばん高い天然の山の上に座しています。かつては見晴山として多くの人で賑わい、東京湾や房総半島まで見渡せたんだとか。

IMG_0680

この赤い門は、「丹塗りの門」と呼ばれています。門の各所にあしらわれているのは、水戸黄門でなじみの深い葵紋。これは愛宕神社が、1603年に徳川家康公の名により、防火の神様として祀られたことに由来しています。

0Q0A9950

参拝をする前に、まずは手水場で手と口を清めましょう。ここで全身の穢れを払ってから参拝するのが神社の作法です。

0Q0A99710Q0A9967

拝殿の前には、招き石があります。この石は、なでると福が身につくと言われています。多くの人になでられた結果、石の表面は削れなめらかに!

0Q0A9974

火の神である、火産霊命(ほむすびのみこと)を主祭神としており、防火・防災のほか商売繁盛や縁結びにも御利益があります。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。