体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつもの冬ファッションを刷新するテクニック。そろそろ脱マンネリしておきたい

そろそろマンネリ化してきた冬のファッション。

最近は寒すぎて、すっかり「お洒落 < 防寒」という感じ。

でも、まだまだ冬は続くし、ちょっとこの辺で脱マンネリしておきたい!

そこで、冬ファッションのマンネリを解消するテクニックを紹介します。

パーカー × アウター。好相性な組み合わせ見つけた

20171223_matome01.jpgちょっと味気ないスタイルだってぐっと都会的にしてくれるのが、カジュアルなパーカー × アウターのコーディネート。ビッグサイズのMA-1と合わせてとことんメンズライクに着てもいいし、上品なステンカラーコートと合わせてアンバランスさを楽しんでもよし。いろいろなアウターとかけ算して、パーカーのおしゃれを思いっきり楽しみたくなります。

>>記事を読む

冬のニットは派手なくらいがいい

20171223_matome02.jpg

アウターは着回し力があるベーシックな色がいい。でも、なかに着るニットは少し派手なくらいが冬の街には映える。赤、ピンク、オレンジ、ブルー、グリーン…普段は着ないような色だって、思いきって挑戦してみるチャンス。灰色の街とは対照的なカラフルニットがコーディネートも気分も明るくしてくれるはず。

>>記事を読む

脱マンネリ。「黒 × ベージュ」はテクニックひとつで刷新する

20171223_matome03.jpgつい毎日のファッションで選びがちな「黒 × ベージュ」のカラーリング。定番中の定番。だからこそ、洗練された人が行き交う冬の都会に馴染むように仕上げたい。小物の選びかたやカラーバランスなど、些細なテクニックを意識するだけで、こなれたスタイルが完成するなんて。冬のスタイルが刷新されました。

>>記事を読む

一点投入。冬ファッションに映えるピンク

20171223_matome04.jpg冬のクローゼットは、黒、茶、グレーといったダークカラーが集まってしまいます。そんなときは、ファッションにパッと明るいピンクを一点投入。ニットに、スカートに、シューズに…ピンクを差し込むだけで、コーディネートも気分も新鮮に。冬の凛とした空気と発色のいいピンクのコントラストが最高です。

>>記事を読む

ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

20171223_matome05.jpgアウターやマフラーなど、冬のファッションってシルエットがもこもこ。だからこそ、荷物はなるべくすっきりさせて、スマートでいたい。そんな最近の海外ファッショニスタが愛用しているのが、ウエストバッグ。ベルト代わりにしたり、挿し色に使ったり、スタイルアップさせたり…。ダサくならないウエストバッグのコーデ術知りたい。

>>記事を読む

かんたんなテクニックばかりだから、すぐにでも普段のファッションに取り入れられそう。

脱マンネリして、2018年を新鮮な気持ちで迎えたい気持ちです。

写真/gettyimages

■ あわせて読みたい

普段、何デニールのタイツ履いてる?
ふわっふわ。ずっと触っていたくなるフランフランのルームウェア
動くたびにゆらゆら。「LOVE」の文字を散りばめたジェラピケのルームウェアがロマンティック
「ちょっとそこまで」がはかどるルームウェア。とことんだらだら過ごしたい
冬のニットは派手なくらいがいい
ワンピースタイプのルームウェア。贅沢なレース使いに乙女心くすぐられる
パーティにも着ていけそう。ベロア × ネイビーの上品なルームウェア

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。