体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手土産に最適!ジューシー柔らか“噂のチャーシュー”

手土産に最適!ジューシー柔らか“噂のチャーシュー”
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー、「HUNGRY OUT」。 12月22日(金)のオンエアでは、喜ばれる手土産を紹介しました。

クリスマス、忘年会、新年会など、友人の家に招かれる機会も多いこのシーズン。そんな時、何かと必要になってくるのが「手土産」です。今回、同番組でみんなに喜ばれる絶品手土産として紹介したのは「OMOSANこぶたや」のチャーシュー。

表参道にある「OMOSANこぶたや」は、食事のメインにも、お酒のおつまみにもなる、手作りチャーシューがクチコミで広がり、じわじわと人気を集めているお店です。本日はスタジオに店主をお迎えして、話題のチャーシューについてお話を伺いました。

料理好きが高じて、友人のバーを昼間だけ間借りしてお店を開くことにしたという店主。とはいえ、バーのキッチンでの作業はいろいろと制約があるそうで、その中で「少しでも手間をかけたい」と考えた結果たどり着いたのが、チャーシュー作りだったそうです。

チャーシューを作る上でこだわっているポイントは「コンフィ」。コンフィとは「低温の油でゆっくり熱を入れる」調理法で、チャーシューの製法として一般的ではありませんが、これによって旨味や水分が流出するのを防ぎ、肉を柔らかく仕上げられるのだそうです。「まず、肉を塩漬けにして水を出して綺麗にしてから、3〜4時間ほどコンフィした後、オーブンで焼き、タレに漬け込む」という、手間をかけたチャーシュー作り。そのため、なんと1日2本ほどしか作れない貴重な一品だそうです。

早速、スタジオでチャーシューにかぶりついた渡部は、「柔らかいし、すごくしっとりしてる! 煮込んでないからちゃんと旨味も残っている感じがします」とコンフィの効果を実感している様子でした。そのまま食べるのはもちろん、サラダに入れても美味しいとのことでした。

こちらのチャーシューは「OMOSANこぶたや」店頭で400g〜販売しており、価格は2000円から。なお、お受け取りの3日前から予約が必要となっておりますのでご注意ください! みなさまも日頃お世話になっている人たちのために表参道まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。