体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェスチャー6種類を認識するAI搭載のリストバンド「Tenzr」、来月公開へ

リストバンド型のジェスチャーコントローラーを開発している米国のBioInteractive Technology社は、ジェスチャー6種類を認識する「Tenzr」を来月米ラスベガス開かれるCES(国際家電見本市)で公開すると発表した。

ハンズフリーで、外部カメラなども使用しないジェスチャーコントローラーとしては世界初という。

・腕時計のようにつけるだけ

認識するハンドジェスチャーは左右上下の動きと、手を握ったり開いたりの計6種類。

VRゲームをする人ならお分かりかと思うが、ゲーム時に手にコンソールを持つのが今は当たり前だが、Tenzrなら手首に腕時計のようにつけるだけでコントロールできる。

・独自センサーで動きを感知

このハンズフリーを可能にしているのが、内蔵する独自のセンサー技術。センサーがとらえた手の動きを人工知能が素早く感知する。

そして手の動きはTenzrからBluetoothを介してゲームなどのデバイスに送られる。

開発元によると、TenzrはどのAR(拡張現実)やVR(仮想現実)のプラットフォームとも連動するという。

近い将来、大きなコンソールを手に持ってゲームするというのはオールドファッションになるのかもしれない。

BioInteractive Technology

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。