体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くまモンアイスがコーヒー風呂で入浴。美容にもいい!?と話題の 〆スイーツ【KICHIRI渋谷】

“溶けないくまモンアイス”がコーヒー風呂で入浴!「KICHIRI渋谷」に〆の健康スイーツが期間限定で登場
「カロリーが心配だけれどおいしいスイーツが食べたい」「夜眠れるか心配だけれどおいしいコーヒーを飲みたい」「とにかくインスタ映えするグルメを撮りたい」「おいしいもので美容ケアもしたい」こんなワガママはだれでもあるものでしょう。

おしゃれなダイニング「KICHIRI渋谷」に、これらのワガママを叶える新メニュー「温泉くまモンのコーヒーバスタイム」が1月21日までの期間限定で登場。

“溶けないくまモンアイス”がコーヒー風呂で入浴!「KICHIRI渋谷」に〆の健康スイーツが期間限定で登場
「くまモンチョコアイス」とミニマシュマロにカフェインレスコーヒーをたっぷりかけていただく、「くまモンお風呂中にごめん。」と言いたくなるシュールなスイーツです。

溶けない!?くまモンアイス×ネスカフェのカフェインレスコーヒー

“溶けないくまモンアイス”がコーヒー風呂で入浴!「KICHIRI渋谷」に〆の健康スイーツが期間限定で登場
今回使用しているくまモンアイスは、“溶けない!? アイス”で知られる「金座和アイス」。金沢大学・名誉教授 太田富久氏による研究で「イチゴポリフェノール」を使うことでこの溶けないアイスを実現したそう。室温40度で3時間経ってもほとんど溶けず、液体にふれることで少しずつ溶けていくのだとか。

掘りごたつ・座敷どちらも
一方、くまモンが入浴するのは、「コーヒーポリフェノール」たっぷりのカフェインレスコーヒー。湯船に見立てた木のお椀の中で、冷たいくまモンと温かいコーヒーが融合すると絶妙なスイーツに。ミニマシュマロとお口直しのイチゴがアクセントになっています。

卵と生クリーム不使用、牛乳で作られたアイスのため、カロリー控えめで意外とサッパリとしていますよ。

ポリフェノールで健康・美容ケアできるスイーツ!?

“溶けないくまモンアイス”がコーヒー風呂で入浴!「KICHIRI渋谷」に〆の健康スイーツが期間限定で登場
美味しいスイーツが体にもよければ最高ですよね。このアイスに含まれる「イチゴポリフェノール」には、お肌のシミのリスク緩和が期待される、抗酸化作用があるそうです。

さらに、コーヒーポリフェノールであるクロロゲン酸類などには、アルコールを分解する肝臓のサポート機能が期待されます。忘年会や新年会が続くこのシーズンは、飲んだ後にはコーヒーがおすすめです。

でも、夜にコーヒーを飲んでいいの!? と思う方も多いのでは。今回使用しているのは、「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」。カフェインレスコーヒーなら、眠りを妨げないと言われており、夜飲んでも安心。厳選されたコーヒー豆と自然の水だけを使用する独自の製法で、カフェインを97%カットしたものだそう。実際に飲んでも通常のコーヒーと味に違いは感じませんでした。

ポリフェノールはこまめに摂取することがポイントだそうなので、日ごろから夜はカフェインレスに切り替えて、朝・昼・晩と3杯コーヒーを飲んでみようと思いました!

KICHIRI渋谷ってどんなお店?

“溶けないくまモンアイス”がコーヒー風呂で入浴!「KICHIRI渋谷」に〆の健康スイーツが期間限定で登場
(C)KICHIRI

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。