体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『オランジーナ カシスオレンジ』今年のクリスマスはイケてる大人のオレンジジュースで乾杯!

 

1936年にフランスで誕生し、日本でも大人気の果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」に、期間限定で『オランジーナ カシスオレンジ』が仲間入り! オレンジピールエキスの爽やかさとカシスの深みが生み出す味わいは、これからのパーティーシーンにピッタリだ。

フランス人アーティストが手掛けたラベルがオシャレ!

爽やかなオレンジとオレンジピールエキスの苦味が人気のサントリー食品インターナショナル株式会社「オランジーナ」から、新登場したのは『オランジーナ カシスオレンジ』(420ml・希望小売価格 税抜160円・2017年11月7日発売)

オランジーナならではのオレンジをメインに、レモン、マンダリンオレンジ、グレープフルーツ、カシスという5種類の果汁をブレンドしたといい、原材料にもバッチリ5つの果実が並んでいる。

果汁は12%。カロリーは、100mlあたり43kcalだ。

いつもと印象が違うパッケージラベルは、フランス人アーティストの“ヴァージニー モーガン”による描きおろし。紫を基調としたアーティスティックなデザインは、それだけで思わず手が伸びてしまいそうなほどシャレている!

 

ちなみに、ボトル自体にも「since1936」とエンボス加工。ラベルだけでなく、ボトルにまで一工夫あるなんて、やるなぁオランジーナ…。

 

冬に飲みたいネットリ(!?)濃厚な炭酸飲料

キャップをひねると、オレンジジュースとグレープフルーツをミックスしたような深みのある香り。濁りはかなり強く、濃厚さが伺える。

それでは一口。トロミがあるわけではないが、まるでトロミがあるかのような濃厚な味わい。オレンジのさっぱりとした甘みを経て、最後にやってくる苦味がすっごくいい!

強すぎない微炭酸が、この濃厚さにベストマッチ。炭酸飲料でありながら、サッパリではなくネットリといった感覚で、夏というより冬に飲みたい炭酸飲料だ。

 

マンダリンオレンジ、グレープフルーツ、カシスといった甘みだけではない柑橘系が相俟って、ふだん飲んでいるオレンジジュースと比べて深みがある。なんというか、オシャレなカフェで出てくる“大人のオレンジジュース”という感じ。このちょっとした贅沢感が、記者を含めアルコールが苦手な人にはパーティードリンクとして重宝しそうだ。

今年のクリスマス、記者はこれで乾杯っ!! となる可能性高し。パッケージも味わいもワンランク上の『オランジーナ カシスオレンジ』は、全国のスーパーやコンビニなどで期間限定発売中。

オランジーナ カシスオレンジ 420ml×24本
オランジーナ カシスオレンジ 420ml×24本

関連記事リンク(外部サイト)

『オランジーナ フレンチスパークリング』フランス生まれの炭酸水は、甘さがスパッと消える驚異のスッキリ感
新旧飲み比べ●新しくなった大人の炭酸飲料『オランジーナ』は旧製品とどこが変わった、どう変わった!?
『オランジーナ カシス&オレンジ』いつでもどこでも”かわいい自分”を演出したい女子のために!
『ブラッドオランジーナ』果実味濃厚で隠しスパイス、赤くて甘い大人向け炭酸!
セブン&アイ限定『カフェ・ド・クリエ ベリー/シトラス』カフェ感強めの大人女子向けスパークリング!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。